学会員メーリングリストアーカイブ (2003年)

Letters自由投稿受付開始


日本データベース学会の会員の皆様
C.C.SIGMOD日本支部の皆様
 
 
!!!DBSJ Lettersが自由投稿論文を受付開始!!!
 
 
日本データベース学会の論文誌「DBSJ Letters」はこれまでワークショップやシンポジウムでの発表から座長推薦で論文を募りそれらを刊行してきましたが,皆様のご要望にお応えして「自由投稿論文」の受付を開始することが7月11日に開催されました本会理事会で承認されました.その要領は次のとおりです.Vol.2, No.3から開始します.皆様どしどしご投稿ください!
 

 DBSJ Letters Vol.2, No.3へ自由投稿しよう!

 投稿締め切り      2003年9月25日(木)夕方5時

 著者への採否通知の日    2003年10月16日(木)

 最終論文提出の日時     2003年11月17日(月)夕方5時

 刊行予定日         2003年12月16日(火)

 

 

Ⅰ 刊行方針

DBSJ Lettersは季刊です.Vol.2, No.3以降は次のようにいずれの刊号でも自由投稿論文を受け付けます.

 

Vol.X, No.1(DEWS/DBSJ年次大会座長推薦+自由投稿)

 自由投稿論文締切    325日夕方5

 採否通知 4月中旬〜下旬

 最終原稿 採録通知の1月後(5月中旬〜下旬)

 刊行 6

 

Vol.X, No.2(DBWS座長推薦+自由投稿)

 投稿締切 625日夕方5

 採否通知 7月中旬〜下旬

 最終原稿 採録通知の1月後(8月中旬〜下旬)

 刊行 9

 

Vol.X, No.3(オール自由投稿)

 投稿締切 925日夕方5

 採否通知 10月中旬〜下旬

 最終原稿 採録通知の1月後(11月中〜下旬)

 刊行 12

 

Vol.X, No.4(DBWeb座長推薦+自由投稿)

 投稿締切 1225日夕方5

 採否通知 1月中旬〜下旬

 最終原稿 採録通知の1月後(2月中〜下旬)

 刊行 3

 

なお,投稿先と原稿フォーマットは次のとおりです:

 投稿先   dbsj-office [at] dblab.is.ocha.ac.jp

 原稿    DBSJ Letters所定のフォーマットによる原稿

    (本会ホームページhttp://www.dbsj.orgを参照のこと)

 

 

Ⅱ 査読方式は“一気方式”,判定は採録か返戻の二者択一で速い!!

 自由投稿論文の査読は“一気方式”で行う.ここに,一気方式とはDBSJ Lettersの編集方針である研究の「速報性」に焦点を当てた新しい査読の方式で,次のように行う:

論文の採否は,投稿された論文を編集委員会で委員全員により査読して,その場で“採録”か“返戻”か,を決定する.“条件付採録”はなく,条件が最終論文提出時にはきっとクリアーされているであろうと判断される場合にはそれを「論文を良くするために是非最終論文に反映させてほしいコメント」として付加して“採録”とする.要求する条件がクリアーされるかどうかはっきりしない場合はその旨を明記して“返戻”とし,次回に投稿を促す.

 

したがって,投稿後2ヶ月半あまりで論文になるものは論文になります.

 

なお,まだ日本データベース学会に未加入のSIGMOD日本支部の皆様,これを機会にご加入を検討ください.(入会申込みは本会ホームページhttp://www.dbsj.org からできます.)

 

文責・DBSJ Letters編集委員長 増永良文