学会員メーリングリストアーカイブ (2004年)

CFA: 2004年情報学シンポジウム


dbjapan, sigmod-j の皆様,
(重複して受け取られた場合はご容赦下さい)

奈良先端科学技術大学院大学の波多野です.

1/15, 16 に行われる「2004 年情報学シンポジウム」参加募集案内をお送りいた
します.

本年度のテーマは「ユニバーサルとユビキタス」をテーマとしており,DB の研究
にも非常に関係の深い内容となっております.

多数の皆様の参加をお待ちしております.
  
###############################################################
2004年情報学シンポジウム  参加募集
−ユニバーサルとユビキタス−

本シンポジウムは、ネットワーク化社会における情報の円滑な流通と
高度な利用の促進を目的に、1984年以来毎年開催してまいりました。
例年、研究・開発者と利用者が交流し、情報・知識の利用に関するア
イディアや知見を交換する場として、多くの方々に参加いただいてお
ります。本年度は、「ユニバーサルとユビキタス」をテーマとして、
日本を代表する研究者の招待講演、及び、一般応募論文の発表を以下
の要領で行うことになりました。多数の皆様の参加をお待ちしており
ます。
 ※本シンポジウムに関する最新情報は下記URLをご参照ください。
   http://www.ipsj.or.jp/katsudou/sig/sighp/fi/
################################################################

■日時: 平成16年1月15日(木)・16日(金)
■会場: 日本学術会議講堂(東京都港区)
          地下鉄千代田線「乃木坂」駅下車、5番出口より徒歩1分
          http://www.scj.go.jp/scj/info.html
■参加費(論文集代として):
  共催学協会員 8,000円, 学生 2,000円, 非会員 12,000円
  *共催学協会員の方は,お申込の際に所属団体および会員番号を
    明記してください。
■申込方法:
   情報処理学会Webページの行事申込書にてお申込ください。
   http://www.ipsj.or.jp/
■参加申込締切:
   平成15年1月5日(月)
   *当日申込も歓迎しますが,資料不足の際は事前登録者を優先します。
■申込/照会先:
 (社)情報処理学会  調査研究担当(シンポジウム係)
 E-Mail:sig [at] ipsj.or.jp, Tel:03-5484-3535, Fax:03-5484-3534
■共同主催:
  日本学術会議(情報学研究連絡委員会,情報工学研究連絡委員会),
  情報処理学会,国際学術連合 科学技術データ委員会,人工知能学会
  日本化学会,日本数学会,日本地理学会, 日本物理学会,情報知識学会,
 日本生物物理学会,日本ソフトウェア科学会
■後援:
  科学技術振興機構,化学情報協会,計測自動制御学会,国立情報学研究所,
  情報科学技術協会,情報通信学会,電子情報通信学会,日本医療情報学会,
  日本機械学会,日本金属学会,日本材料科学会,日本社会情報学会,
 日本生化学学会,日本電信電話株式会社,日本動物学会,日本農学会,
 日本分子生物学会,日本分析化学会,日本薬学会

■プログラム:

1月15日(木)
[9:30-10:00]  組織委員長挨拶  武市正人(東大)
●セッション1:ユニバーサルアクセス
[10:00-10:50]  招待講演
・情報のユニバーサルデザイン
  小田浩一(東京女子大)
[10:50-11:40]  招待講演
・視覚障害者とWEB−情報へのユニバーサルアクセスを目指して− 
  浅川智恵子(日本IBM)

●セッション2:アクセシビリティ
[13:00-13:50]  招待講演
・電子情報市民社会における配慮の平等
 石川准(静岡県立大)
●基調講演
[13:50-14:50]   基調講演
・ユビキタス社会の展望と課題
  徳田英幸 (慶応大)

●セッション3:ユビキタス1
[15:20-16:10]  招待講演
・「今,ここで,私の欲しい」情報支援をしてくれるサイバーアシスト技術 
  中島秀之(産総研)
[16:10-16:35]  一般講演
・Talking Digital Cities: Connecting Heterogeneous Digital Cities via
 the Universal Mobile Interface
  神田智子(JST/京大)
[16:35-17:00]  一般講演
・テレマティクス空間情報サービスに向けたスネークシェブロン検索の高速化
 に関する検討
  谷崎正明(日立)

1月16日(金)
●セッション4:ユニバーサルデザイン・ユビキタス社会
[9:30-10:20]  招待講演
・認知工学から見たユニバーサルデザイン:高齢者研究を中心として
  原田悦子(法政大)
[10:20-10:45]  一般講演
・ユビキタス社会の情報教育―情報保護と情報共有との均衡の観点から―
  児玉晴男(メディア教育開発センター)
[10:45-11:35]  招待講演
・自然言語獲得のユニバーサル・モデル
  須賀哲夫(日本女子大)

○ポスターセッション
[12:45-15:00]  ポスター発表([12:45-13:15] 概要説明)

●セッション5:ユビキタス2
[15:15-16:05]  招待講演
・インタラクションメディアによる体験共有
  間瀬健二(名大/ATR)
[16:05-16:30]  一般講演
・語学学習を対象としたユビキタスラーニング環境
  緒方広明(徳島大)
[16:30-17:20]  招待講演
・ユニバーサル・ユビキタスサービスのためのウェアラブルコンピューティング
  塚本昌彦(阪大)
[17:20-17:25]  実行委員長挨拶

○ポスター発表(13件)
・知的障害養護学校におけるユビキタスネットワーク構築の試み
 池田利昭(明和養護学校/北陸先端大)
・ソフトシステムバスの実現について−ユビキタスコンピューティングのため
 の永続システムを目指して 
 七島功一(埼玉大)
・ENQUETE-BAISE: ユビキタスアンケートのための汎用電子アンケートサーバ
 後藤祐一(埼玉大)
・巻物メタファを実現した心理検査支援システム 
 池田瑞穂(関西学院大)
・GPSおよびバリアフリーデータベースによる障害者の誘導 
 堀井潤平(金沢学院大)
・和菓子屋のホームページの特徴に関する分析 
 朴木直子(金沢学院大)
・ノイズ位置情報を用いたインパルス性ノイズ除去手法
 小倉宗則(千葉大)
・MASを用いたCMC環境下における組織のモラルハザード防止するインセンティブ 
 前田郁夫(愛知県立大)
・e-learning環境下におけるプロフェショナルコミニュケーションの定量的評価
 奥田隆史(愛知県立大)
・Child Node Routing Protocol in Ad Hoc Networks
 三原龍(千葉工業大)
・ユビキタス・コンピューティングによる人間行動の計量手法の研究開発
 渋谷和彦(産総研)
・企業情報システム参照モデルに関する考察
 北村浩(同志社大)
・情報開示機構を備えた位置情報に基づくコミュニケーション支援システムの開発
 平田敏之(北陸先端大)

■2004年情報学シンポジウム実行委員会
情報処理学会 情報学基礎研究会
実行委員長: 原田隆史(慶應義塾大), E-mail: ushi [at] slis.keio.ac.jp
プログラム委員長: 赤峯享(NEC), E-mail: s-akamine [at] ak.jp.nec.com