学会員メーリングリストアーカイブ (2004年)

FI研&DBS研合同研究会 (5月)の論文募集(再度)


 土田@日立です。

 5月の情報学基礎研究会(FI研)及びデータベースシステム研究会(DBS研)
の合同発表会の論文募集締切り(3/12(金))まで5日となりましたので、再度
アナウンスさせて頂きます。同時に合同発表会では産業界などで実システム
応用を考えられている方や実践されている方に招待講演をお願いする企画も
立案しております。ご検討の程、よろしくお願い致します。

 また、会場である神奈川近代文学館(http://www.kanabun.or.jp/)周辺
は、港の見える丘公園内ですので、横浜ベイブリッジなど景観が楽しめ、元
町や中華街など食文化にも触れることができます。地下鉄(みなと未来21線)
が開通して、渋谷から35分の元町中華街駅から徒歩10分です。昼食は、神奈
川近代文学館、大佛次郎記念館のカフェテラスやフランス橋を渡ってマリン
タワー周辺でも取れます。
 さらに、港の見える丘公園内の「KKR ポートヒル横浜」(徒歩5分)ほか地
方の方々の宿泊は横浜周辺に完備しています。少し歩いたマリンタワー周辺
のメルパルクなど横浜ベイブリッジの夜景が楽しめます。

---------------------------------------------------------
 5月の情報学基礎研究会(FI研)及びデータベースシステム研究会(DBS研)
の合同発表会の論文募集をアナウンスさせて頂きます。
 FI研とDBS研は、合同で「異種情報源の有効活用:情報のマイニング、組
織化、及び可視化」をテーマとした研究発表会を開催致します。なお、情
報学基礎およびデータベースシステムに関する一般論文も受け付けますの
で、奮ってご投稿をお願いします。この合同研究会が両分野の研究者のよ
き意見交換の場となると考えております。多数の方にご参集頂きますよう
お願い申し上げます。

---------------------------------------------------------
第75回情報処理学会情報学基礎研究会
第133回情報処理学会データベースシステム研究会
合同研究会 開催のご案内と発表募集

テーマ  異種情報源の有効活用:情報のマイニング、組織化、及び可視化

日 時   平成 16 年 5 月 13 (木)〜 14 日(金)
会 場   神奈川近代文学館 ホール
     横浜市中区山手町110番地 Tel: 045-622-6666(代)
     地下鉄みなと未来21線 元町中華街駅下車 徒歩10分
      http://www.kanabun.or.jp/ 
申込期限 平成 16 年 3 月 12 日(金)
原稿締切 平成 16 年 4 月 16 日(金)


概 要
 ブロードバンドや常時接続が可能な情報・通信基盤が整備され
たネットワークの利用や、第三世代携帯電話、ネット家電情報機
器などの多様化を始めとするITの進化と、eマーケットプレイス、
業務システム連携でリアルタイムな情報入手・活用を目指し情報
の質・鮮度を高めるなど情報利用の変化が顕在しつつあります。
例えば、RFID等により現実世界の事物(の位置等)の情報もリア
ルタイムで直接処理可能になると、異種情報源を統合することが
益々重要になり、ブロードバンド及びネット家電情報機器などの
普及で爆発的に映像や音声(音楽)の情報(コンテンツ)が増え、
テキスト情報と統合して扱えることの重要性が増すと期待されて
います。このようなユビキタス情報社会の到来を支える情報基盤
では、いつでも、どこでも、誰でも、情報を入手し、しかも自由
に活用が可能となる情報源は多岐に渡り、しかも増加を続けてお
ります。
 これらの異種情報源の有効活用には、構造データベースからの
データマイニング、非構造データベースからのテキストマイニン
グ、半構造データベースからのWebマイニングといった各種マイ
ニング技術や、それらを互いに結び付けるクラスタリング等の組
織化技術、ユーザとシステムを有機的に結び付ける可視化技術が
必要不可欠であり、データベースコミュニティにおいても益々重
要な研究課題になっております。そこで、情報学基礎研究会とデ
ータベースシステム研究会は、合同で「異種情報源の有効活用:
情報のマイニング、組織化、及び可視化」をテーマとした研究発
表会を開催致します。この合同研究会が両分野の研究者のよき意
見交換の場となると考えております。多数の方にご参集頂きます
ようお願い申し上げます。

発表申込み
 本研究会では、「異種情報源の有効活用:情報のマイニング、
組織化、及び可視化」に関する論文を募集します。なお、情報学
基礎およびデータベースシステムに関する一般論文も受け付けま
すので、奮ってご投稿をお願いします。もし発表申込みが多数の
場合には、次回の研究会での発表をお願いする可能性があります。

申込み
 必要事項を記入し、電子メールにて照会先に送付して下さい。
---------------------------------------------------------
論文名 :
著者名(所属) :
連絡者名 :
連絡者住所 :
電話番号 :
Fax番号 :
e-mail :
要旨(100字以内) :

---------------------------------------------------------
申込み先
 投稿する内容に応じて、下記の双方の担当者宛にメール
にてお申し込みください。

照 会 先  浦本 直彦(情報学基礎研究会)
     E-mail: uramoto [at] jp.ibm.com
     土田 正士(データベースシステム研究会)
          E-mail: mastsuch [at] itg.hitachi.co.jp
---------------------------------------------------------

  ----------------------------------------------------------------
   土田 正士(Masashi Tsuchida) E_mail:mastsuch [at] itg.hitachi.co.jp
   (株)日立製作所 ソフトウェア事業部 先端ミドルウェア開発部
     Tel:044-549-1708(Ex 877-5607)  Fax:044-549-1718(Ex 877-5719)
  ----------------------------------------------------------------