学会員メーリングリストアーカイブ (2004年)

インフォーマル・ワーク ショップ「XML処理 手法と理論」発表募集


来る5月27日(木)と28日(金)にインフォーマル・ワークショップ「XML処理手法
と理論」第4回を、中央林間の日本IBMで開催いたします。口頭発表を広く募集致します。
とくに予稿集は作りませんので、論文は必要ありません。皆様の多数のご発表をお
待ちしております。発表希望者は,オーガナイザ(村田・細谷)まで、タイトルと要旨
をそえてお申し込み下さい。

なお、参加は無料ですが,あらかじめ事前登録が必要になります.こちらは
私(EB91081 [at] jp.ibm.com)までお申し込み下さい。

日本IBM(株)東京基礎研究所・
村田 真
----------------------------------------------------------------------
          インフォーマル・ワークショップ「XML処理手法と理論」第4回

  Informal Workshop on XML processing methodologY and formaliZation (XYZ)

             URL: http://arbre.is.s.u-tokyo.ac.jp/~hahosoya/xyz

   近年、ツリー構造標準フォーマットXMLを処理する枠組みについて、学術界・
   産業界を問わず活発に議論されています。これまでXMLデータ処理のためのツ
   ー ル群は、ソフトウェア開発者たちの間で発展してきましたが、その作り方
   は学 術的裏付けもなく場当たり的だった面が強くありました。しかしながら
   そのよ うな開発法では、ツールの動作仕様が不明確になったり、正しい理解
   なしに開 発されたツールがバグを含む結果となりがちです。このようなこと
   から、最近 では、XML 処理ソフトウェアの動作を堅固にするために、より学
   術的な方法論、 理論的研究が盛んになってきています。XYZ研究会は、こうい
   った研究を行っ てきた専門家や、この分野に強い関心を持つ研究者が集まり
   、互いの研究の理 解を深めあうと同時に、新たな研究の方向性について議論
   すると言うことを目 的とします。

   XYZ研究会の議題は、理論的なものから応用的なものまで、XML処理に関するこ
   とで、かつ学術的に興味深いものを広く扱います。例えば、以下のような分野
   はその範囲に入っています。
     * 処理言語
     * 型システム
     * スキーマ言語・スキーマ設計
     * 計算モデル(ツリーオートマトン・論理など)
     * データベース
     * ストリーム処理
     * ツール(エディタ・データバインディングなど)
     * これらの実装技法やアルゴリズム
     * アプリケーション
     _________________________________________________________________

第4回

     * 2004年5月27日(木)〜28日(金)
     * 主催・会場:日本IBM(株)大和事業所 ブリーフィングセンター (正門
       から入って、A館入口のすぐ左手)

     _________________________________________________________________

発表申し込みについて

   下記オーガナイザにタイトルと要旨を添えてメールでお申し込みください。発
   表内容が、 このワークショップの趣旨に合うかどうかを検討した上で選考い
   たします。
     _________________________________________________________________

参加について

   興味のある方はどなたでも参加できます。(登録料などはかかりません。)特
   に学生の方の参加を奨励します。
     _________________________________________________________________

   オーガナイザ:
     * 村田 真 (日本IBM) EB91081 [at] jp.ibm.com
     * 細谷 晴夫 (東京大学) hahosoya [at] is.s.u-tokyo.ac.jp