学会員メーリングリストアーカイブ (2004年)

4th NTCIR Workshop Meeting


日本データベース学会の皆様:
国立情報学研究所の江口と申します.以下,ご案内申し上げます.
複数のメーリングリストで受け取られた方には申し訳ありません.

========================================================
   第4回NTCIRワークショップ成果報告会のご案内

       The 4th NTCIR Workshop Meeting
               of
Evaluation of Information Retrieval, Question Answering, and
          Summarization

          JUNE 2-4, 2004
  National Institute of Informatics, Tokyo, Japan
   http://research.nii.ac.jp/ntcir/ntcir-ws4/index.html
==========================================================

第4回NTCIR報告会は、今回は、どのセッションも公開セッションとして開催
します。情報検索、質問応答、要約などの情報アクセス技術の研究と評価に関心
のある研究者の方は、どうぞ、ふるってご参加ください。

すべてのセッションは、(会議前日6月1日夜のthe pre-meeting
"introduction"sessionを除き)、すべて英語で行われます。

最新のプログラムは:
http://research.nii.ac.jp/ntcir-ws4/NTCIR-4-program.pdf

オンライン参加登録は:
http://research.nii.ac.jp/ntcir-ws4/registration_ws4.html

事前参加登録の締め切りは5月27日(木)午後5時です。資料、会場の準備の都合
上、事前登録をお願いしています。ご協力をお願いいたします。


o 背景:
NTCIRワークショップは、情報検索、質問応答、要約などの「情報アクセス技
術」の評価ワークショップ・シリーズで、およそ1年半に1回開催しています。
第4回NTCIRワークショップ(NTCIR-4)には、10カ国の74の研究グループが、「タ
スク」に参加し、共通のデータセットを用いて、それぞれ実験と研究を進めた成
果が報告されます。使用したデータセットは、原則として、繰り返し、実験に使
用できるデータセット「テストコレクション」として研究目的利用で公開する予
定です。


o タスク:
NTCIR-4では、下記の研究領域(研究テーマ)を「タスク」として選択しました:

言語横断検索(Cross-Lingual Information Retrieval Task):
   中国語、韓国語、日本語、英語の言語横断検索と単言語検索

特許検索(Patent Retrieval Task):
  無効資料調査(特許請求項で関連特許を検索)と言語横断検索
  特許マップの自動作成(フィージビリティスタディ)

質問応答(Question Answering Challenge):
   1) 5種の解答候補, 2) 1組の全解答(解答は複数ある場合もある),
  3) 連続した質問--情報収集とブラウジングを想定した質問

テキスト要約(Text Summarization Challenge):
   複数文書要約+再利用可能な要約データセット構築へのチャレンジ

WEBタスク:
  情報指向検索、ナビゲーション指向検索、地理情報、
  検索結果のクラスタリング



o プログラム:
NTCIR-4と各タスクの概要紹介と、10カ国74参加グループの研究成果が報告され
ます。すべてのタスク参加者は、口頭発表またはデジタルポスタで、研究成果を
報告します。

プログラムは下記のURLでご欄になれます:
  http://research.nii.ac.jp/ntcir-ws4/NTCIR-4-program.pdf


+ DAY-1(6月2日)午後に、公募論文のセッションも開催します。

 [Main Talk] Looking for a Few Good Metrics: ROUGE and its Evaluation/
Chin-Yew Lin

Evaluating ADM on a Three-level Relevance Scale Document Set from NTCIR/
Vincenzo Della Mea, Luca Di Gaspero and Stefano Mizzaro

New Performance Metrics based on Multigrade Relevance: Their Application
to Question Answering/ Tetsuya Sakai
ほか


+ 招待講演は、DAY-3 (6月4日)の午後です。

A Tale of Two Evaluations: TREC and RIA/ Donna Harman (NIST, USA)

Cross-Language Evaluation Forum: From CLEF 2004/ Carol Peters (CNR,
Italy), Martin Brachlar (Eurospiders Information Technology),
Jacques Savoy (University of Neuchatel, Switzerland)


+ チュートリアル"Introduction to NTCIR" 成果報告会前日夜(6月1日17:30-
19:30)
  チュートリアルは、主に、はじめてNTCIRに参加した方とNTCIRのタスク参加
者以外を対象として、NTCIRと評価会議の概要、情報検索、質問応答、要約につ
いてご紹介するものです。NTCIR-4で使用した評価法、評価尺度、テストコレク
ションについてもご案内します。タスク参加者以外の方々で、DAY-1からDAY-3に
参加される方は、このIntroductionにも出席されることをお勧めします。


o 参加登録

NTCIR-4では、全セッションが公開です。どなたでもご出席いただけます。
下記のURLから、参加登録をしてください:

   http://research.nii.ac.jp/ntcir-ws4/registration_ws4.html

ご留意ください! オンライン事前登録のしめきりは、5月27日(木)17:00で
す。資料・会場の準備の都合上、ぜひ、事前登録をお願いします。


o 参加費:

+事前チュートリアル(6月1日夜): 参加無料。事前登録は不要です

+ DAY-1 to 3(6月2日〜6月4日): 事前登録をお願います
    一般:     15,000 円
    タスク参加者: 12,000 円
    学生:      8,000 円(当日、学生証の提示をお願いします)

参加費には、成果報告会当日に配布するWorking Notes版論文集, 評価結果,
バンケット(Buffet Dinner)1回、ランチ3回、コーヒーブレーク、
事後に刊行する会議論文集が含まれます。


o 問合せ:
参加登録について: ntcir_reg [at] ics-inc.co.jp
その他: 神門 典子(かんど のりこ), kando (at) nii.ac.jp


o NIIオープンハウス
NTCIR-4成果報告会の前日に、NIIオープンハウスが開催されます。
お時間がありましたら、こちらにも、どうぞご来場ください。(オープンハウス
は参加費無料)

詳しくは、http://www.nii.ac.jp/hrd/HTML/OpenHouse/



よろしくお願いいたします。

神門 典子
---
ntcir project
===============================================================