学会員メーリングリストアーカイブ (2004年)

CFP: HS [at] I 2005 (Human.Society [at] Int ernet Conference )


日本データベース学会の皆様
DBS研の皆様
DE研の皆様
ACM-SIGMOD日本支部の皆様

 マルチポストで失礼します。
 NTTサイバースペース研の芳西(ほうにし)と申します。
 HS [at] I 2005のプログラム委員をさせていただいております。

2005年7月27日〜29日に東京浅草で開催される
 The 3rd International Human.Society [at] Internet Conference(HS [at] I)
への論文投稿のお願いです。

 本国際会議は、Dr. Won Kimが2001年に始められ今回が第3回目の大会となります。
今回の大会は、日本データベース学会が協賛し、DBS研、DE研、ACM SIGMOD
日本支部が全面的に協力している国際会議です。
 本会議の案内は、東京大学の一井先生から既にCFPをdbjapanに流して頂いてい
ますが、データベース技術に関連が深いことより、若干の補足を加えて、再度み
なさまにご案内を差し上げております。

<ご案内>
 今回の大会は、「インタネット技術や情報処理技術が人間社会に及ぼす影響と
その解決」という技術と人間社会との融合領域がテーマとなっております。データ
ベース技術、Web技術、マイニング技術などは昨今の情報処理社会を支える重要
なコア技術であり、社会的側面からの視点を加えた、考察、取り組みなどの提案
は、本大会のテーマ趣旨に十分合致するものと考えております。

 つきましては、一井先生からのご案内、及びHS [at] IのHPを再度ご一読され、データ
ベース分野のみなさまからの積極的な投稿をお願いいたします。

テーマ(再掲)
 1.インタネットが社会にもたらしている様々なインパクトや悪影響とそれを
   解決するための技術的・社会的な方策
 2.社会に存在する様々な問題を解決しよりよい社会を築くためのインタネット
   の技術とその応用

備考
・一井先生から送付された案内をメール文末に再掲すると共に日本語のCFPを添
付しております。参考にしてください。
・本会の詳細な情報、英文CFPなどはHS [at] Iのホームページをごらん下さい
 http://hsi.itrc.net/
・本件、増永先生、横田先生(DE研)、石川先生(DBS研)のご了解をいただいて
 皆様にご案内を差し上げております。


---------
参考:東京大学の一井先生から案内文(再送)
日本データベース学会の皆様

東京大学の一井と申します。
本日は、来年7月27日〜29日に東京浅草で開催される

The 3rd International Human.Society [at] Internet Conference

への投稿のお願いをさせていただきたく、メール差し上げております。
この会議は、インターネットと人間や社会との関係について総合的に議論することを
目的として、Dr. Won Kimが始められたもので、
2001年、2003年とソウルで開催されたのに引き続き、
2005年には東京で開催されることになりました。
添付のCFPにある通り、テーマとしては

(1) インターネットが社会にもたらしている様々なインパクト
(特に悪い影響)とそれを解決するための技術的・社会的な方策

(2) 社会に存在する様々な問題を解決しよりよい社会を築いていくための
インターネットの技術とその応用

を掲げています。
すなわち、技術そのもの、またはインターネット応用活動それ自体ではなく、
それらを現実社会とそこに存在する諸問題との関係でとらえ直したものを
対象にしています。
その意味で、既に新しい技術をお持ちの方、
インターネットを用いた活動を展開されている方は、
それを社会との関係で見直すことによってこの会議への寄与とすることが可能です。

(なお、CFPではTrack I, IIとありますが、
実際のセッション構成が2トラックに分かれるわけではありません。)

日本データベース学会には増永会長のご紹介により協賛をいただいております。
皆様ぜひ論文投稿をご検討ください。
投稿締め切りは2005年2月1日です。
URLは

http://hsi.itrc.net/

です。

なお、ProceedingsはSpringer LNCSでの出版を予定しています
(現在交渉中)。

多数のご投稿をお待ちしております。よろしくお願い致します。

一井信吾
Host Country General Chair, HS [at] I 2005
(東京大学大学院数理科学研究科)

----
Call for Papers and Proposals

The Third International Human.Society [at] Internet Conference
http://hsi.itrc.net/

July 27-29, 2005, Tokyo, Japan

Submission deadline: Feb. 1, 2005

----

Background and Aim of the Conference

  The Human.Society [at] Internet conference was first started in May 2000
  with the aim of providing a forum for the exchange of ideas and
  research results among professionals and students interested in
  following the issues and solutions to their possible ill effects, and
  issues and solutions to supporting the numerous applications of the
  Internet that have broad consequences on humans and the society.

  The technical themes of the 2005 edition of the conference are
  organized around two tracks as follows:

  Track I: Impacts of the Internet on Humans and the Society

  1. negative side effects of the Internet on humans and the society,
     that is, the uses of the Internet that have caused monetary
     damages, invasion of privacy, violation of intellectual rights,
     social problems, and even undesirable outcomes in elections,
     etc. These include, but are not limited to, spam; viruses, worms,
     and phishing; digital rights violations; frauds in electronic
     commerce, mobile commerce and auctions; hacking and intrusion;
     cyber terror and cyber warfare; invasion of privacy and identify
     theft; attacks against the Internet infrastructure, including
     denial of service attacks; exposure of children to unsavory
     things; hijacking of democracy by a small but vocal minority; bad
     web communities, such as suicide websites, crime-aiding websites;
     marriage breakups; rude words in opinions posted to websites; etc.

  2. technical, legal, business model, and mass education-based
     solutions to address ill effects from the uses of the Internet, as
     mentioned above.

  Track II: Applications of the Internet That Have Broad Positive
  Impacts on Humans and the Society

  1. both established and emerging uses of the Internet that have or
     are expected to have positive effects on humans and the society,
     that is, applications and uses of the Internet that expand
     commerce and economy, enhance quality of life, improve governmentユ
     s services to people, diversify the interactions and relationships
     among people in communities of varying sizes and purposes,
     etc. These include, but are not limited to, electronic commerce,
     mobile commerce, auction, online games, entertainment, education
     and learning, health care, governance, politics, Internet
     telephony, e-mass media (digital newspapers, radio), e-family,
     e-communities, etc.

  2. technologies to support the applications mentioned above.

Submission of papers and proposals of tutorials and panels

  Due Date: February 1, 2005

  Medium: Website (http://hsi.itrc.net/)

  Papers: High-quality original research and position papers written in
  good English are solicited. Suggested length is 10-20 double-spaced,
  single-column pages. Information for the authors is supplied on the
  Website (http://hsi.itrc.net/).

  Tutorials: Half-day tutorial proposals related to the conference
  theme are solicited. Tutorial proposals should be submitted directly
  to the tutorial chair (Prof. Kenichi Yoshida,
  yoshida [at] gssm.otsuka.tsukuba.ac.jp).

  Panel discussion: Panel discussion session proposals related to the
  conference theme are solicited. Panel discussion proposals should be
  submitted directly to the panel chair (Dr. Katsuyuki Yamazaki,
  yamazaki [at] kddilabs.jp).


Publications

  The proceedings of the Conference will be published by
  Springer-Verlag as a volume in the Lecture Notes in Computer Science
  series.


Important Dates
  February 1, 2005 Paper and Proposal Submissions Due
  April 4, 2005 Notice of Acceptance/Rejection to Paper Authors
  May 4, 2005 Camera-Ready Papers and Invited Talk Files Due
  May 4, 2005 Pre-registration for the Authors of Accepted Papers Due
  June 6, 2005 Online Pre-Registration Starts
  July 6, 2005 Online Pre-Registration Closes
  July 27, 2005 Conference Starts

Conference Sponsers

  Japan Society for the Promotion of Science, 163rd Committee on
  Internet Technology. Japan
  Japan Medical Information Network Association, Japan


Conference Global Organizing Committee
  Global General Chair:
  Dr. Won Kim, CEO of Cyber Database Solutions, Austin, Texas
  won.kim [at] acm.org

  Global Co-General Chair:
  Dr. Kwan-Ho Song, President, Korea Network Information Center
  khsong [at] nic.or.kr

  Global Co-General Chair:
  Prof. Tok-Wang Ling, Department of Computer Science, ,
  National University of Singapore
  lingtw [at] comp.nus.edu.sg

  Host Country General Chair
  Prof. Shingo Ichii, Graduate School of Mathematical Science,
  University of Tokyo
  ichii [at] ms.u-tokyo.ac.jp

  Global PC Chair
  Prof. Shinji Shimojo, Cybermedia Center, Osaka University
  shimojo [at] cmc.osaka-u.ac.jp

  Global Panel Chair
  Dr. Katsuyuki Yamazaki, KDDI R&D Laboratories
  yamazaki [at] kddilabs.jp

  Global Tutorial Chair
  Prof. Kenichi Yoshida, Tsukuba University
  yoshida [at] gssm.otsuka.tsukuba.ac.jp

  Host Country Organizing Committee Co-Chair:
  Prof. Yuji Oie, Kyushu Institute of Technology
  oie [at] cse.kyutech.ac.jp

  Host Country Organizing Committee Co-Chair:
  Prof. Hiroshi Tanaka, Tokyo Medical and Dental University
  tanaka [at] cim.tmd.ac.jp

  Host Country Organizing Committee Co-Chair:
  Prof. Yoshifumi Masunaga, Ochanomizu University
  masunaga [at] is.ocha.ac.jp

  12 different countries and regions have their own general chais and
  PC chairs.  Please check the conference website.


----
NTTサイバースペース研究所OSSコンピューティングプロジェクト
神奈川県横須賀市光の丘1−1
芳西崇
tel:046-859-2630,Fax:046-859-2768
E-mail:honishi.takashi [at] lab.ntt.co.jp

Attachment: 論文募集w.pdf
Description: Binary data