学会員メーリングリストアーカイブ (2005年)

IEEEデータ工学国際会議(ICDE2005) 4月東京 ◆最大規模◆


日本データベース学会の皆様
ACM SIGMOD日本支部の皆様

#重複してお受け取りの場合はご容赦下さい

第21回IEEEデータ工学国際会議(ICDE2005)に、大変多くのお申し込みを
頂戴し御礼申し上げます。参加者は◆◆500を大きく越え◆◆過去最
大規模となりました。ノイマン賞を受賞にイングレス、ポストグレスの生み
の親ストーンブレーカ先生による今後のデータベース研究のビジョン、
IBM DB2開発中核のパットセリンジャー氏によるデータベースビジネス
のビジョン、加えて、日立からの谷口様によるミューチップに関わる
ユビキタスソリューションの展望などについて基調講演を賜ると同時に、
過去の論文で影響のあった優れた論文に対して与えられるInfluential
Award(実は今年が第一号です)としてマイクロソフト社のGraefe氏による
オプティマイザ ジェネレータの講演もございます。
もちろんICDEはVLDB、SIGMODに並び3大トップレベルの国際会議であり、
先端的な研究内容がうならせるようなプレゼンとともに堪能出来ます。
チュートリアルも豊富な内容となっております。NetDBワークショップ
でのフランクリン先生の講演も大変興味深いものとなるはずです。
また、Rakesh Agrawal/Guy Lohman/Dave Lomet/CristosFaloutas/Mike
Franklin/
Martin Kersten/Karl Abrere/など 大御所の顔も見ることが出来ます。
(現在、日本人参加者よりはるかに海外からの参加者数が多い状況です。)

既に八芳園バンケット会場の定員の関係からメイン会場におさまらず、
本日以降のお申し込みに関しましてはバンケット参加に関しご不便をおかけ
することもありますが、ご容赦の程お願い申し上げます。

喜連川優(ICDE2005会議委員長/東大生研 情報融合研究センタ)


★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

                        参   加   募   集

         第21回IEEEデータ工学国際会議(ICDE 2005)
   (The 21st IEEE International Conference on Data Engineering)

                    2005年4月5日(火)〜8日(金)
                    東京・学術総合センターにて

             http://icde2005.is.tsukuba.ac.jp/index-ja.html
             http://icde2005.naist.jp/index-ja.html (mirror)

                  主催:IEEE Computer Society
                        日本データベース学会
                            情報処理学会
                          電子情報通信学会

★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

◆ICDE国際会議とは◆

ICDE国際会議は、IEEE Computer Societyの主催による、2005年で第21回を迎
える国際会議です。ICDE国際会議では、例年、非常に高レベルで最新のデータ
工学に関する技術発表が行われます。会議では、研究論文発表のみならず、著
名な研究者等による基調講演、企業からのインダストリアル論文、現在ホット
なトピックに関し議論を行うパネル討論、各分野のエキスパートを招いたアド
バンスト・テクノロジー・セミナー、企業や大学によるデモンストレーション、
先進的ないくつかの研究分野を取り上げて開催されるワークショップなど、多
彩なイベントが催されます。データ工学の領域に関する研究者・技術者の皆様
方の会議へのご参加をお待ちしております。

◆ICDE 2005ハイライト◆

- PostgreSQLの生みの親であり、オブジェクトリレーショナルDBMSの概念の提
  唱でも名高いMITのMichael Stonebraker教授の基調講演
  同教授は2005年度IEEE John von Neumann Medalを受賞されました
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
- System Rの時代からIBMで活躍されているPat Selinger氏、そして日本から
  は日立のICタグに関する基調講演
- 500件以上の投稿の中から厳選された100件の研究論文の発表(33件のポスター
  発表含む)
- 16件のインダストリアル論文発表と20件のデモ
- XQueryに関する最新技術動向や、ストリームデータ処理技術、Webサービス
  技術など、最先端の技術トピックについて、各分野の主要な研究者からのア
  ドバンスト・テクノロジー・セミナー
- さまざまなトピックに関する併設ワークショップ:本会議に前後する形で開
  催いたします。
- データ工学関連企業からの先進的ソリューション展示

◆基調講演◆

- Michael Stonebraker (MIT and StreamBase Systems, Inc.,
  2005 IEEE John von Neumann Medal受賞)
  "One Size Fits All": An Idea Whose Time Has Come and Gone
- Pat Selinger (IBM Research/Vice President)
  Top Five Data Challenges for the Next Decade
- Yoji Taniguchi (Hitachi, Ltd.)
  IC Tag Based Traceability: System and Solutions

◆パネル討論◆

- Paradigm Shift to New DBMS Architectures: Research Issues and Market
  Needs
  Sang K. Cha (Seoul National University and Transact In Memory, Inc.)
- Is There Anything New about Business Process Intelligence?
  Malu Castellanos and Fabio Casati (Hewlett-Packard Lab)

◆アドバンスト・テクノロジー・セミナー◆

- XQuery Midflight: Emerging Database-Oriented Paradigms and a
  Classification of Research Advances
  Ioana Manolescu (INRIA) and Yannis Papakonstantinou
  (University of California, San Diego)
- Rank-Aware Query Processing and Optimization
  Ihab F. Ilyas (University of Waterloo) and Walid G. Aref
  (Purdue University)
- Data Stream Query Processing
  Nick Koudas and Divesh Srivastava (AT&T Labs-Research)
- Online Mining Data Streams: Problems, Applications, Techniques and
  Progress
  Haixun Wang (IBM T.J. Watson Research Center), Jian Pei (University
  at Buffalo), and Philip S. Yu (IBM T.J. Watson Research Center)
- Web Service Coordination and Emerging Standards
  Fabio Casatii (HP Labs) and Gustavo Alonso (ETH Zurich)
- Database Architectures for New Hardware
  Anastassia Ailamaki (Carnegie Mellon University)
- Data Mining Techniques for Microarray Datasets
  Lei Liu (University of Illinois at Urbana-Champaign), Jiong Yang
  (Case Western Reserve University), Anthony K. H. Tung (National
  University of Singapore)

◆併設ワークショップ◆

- International Workshop on Biomedical Data Engineering (BMDE 2005),
  2005年4月3日〜4日
- International Workshop on Data Engineering Issues in E-Commerce
  (DEEC 2005), 2005年4月9日
- International Workshop on Managing Data for Emerging Multimedia
  Applications (EMMA 2005), 2005年4月8日〜9日
- 1st IEEE International Workshop on Networking Meets Databases (NetDB
  2005), 2005年4月8日〜9日
- International Workshop on Privacy Data Management (PDM 2005),
  2005年4月8日〜9日
- International Workshop on Realworld Multimedia Corpora in Mobile
  Environment (RWCinME 2005), 2005年4月8日〜9日
- International Workshop on Self-Managing Database Systems (SMDB
  2005), 2005年4月8日〜9日
- International Workshop on Ubiquitous Data Management (UDM 2005),
  2005年4月4日
- International Workshop on Challenges in Web Information Retrieval
  and Integration (WIRI 2005), 2005年4月8日〜9日
- 2nd International Workshop on XML Schema and Data Management (XSDM
  2005), 2005年4月8日〜9日

◆参加について◆

- 登録料(以下、本会議のみの価格:3月15日まで/3月15日以降)
  * 会員:5万円/6万円
  * 非会員:6万5千円/7万8千円
  * 学生:1万5千円/2万2千円
※ 会員価格は、IEEE/IEEE CS、日本データベース学会、情報処理学会、
   電子情報通信学会のいずれかの会員に適用されます。
- ワークショップ参加費など詳細は上記ホームページを参照して下さい。