学会員メーリングリストアーカイブ (2006年)

Fw: [dbjapan] 学生会員諸君へ:DEWS 2006撮影隊員募集


学生会員諸君

1月11日のメールを再送します.
明31日が締め切りです.
現在,多数応募いただいていますが,是非どうぞご応募ください.

---
増永良文
お茶の水女子大学

----- Original Message ----- From: "Yoshifumi MASUNAGA" <masunaga [at] is.ocha.ac.jp>
To: <dbjapan [at] dbsj.org>; <members [at] sigmodj.org>
Cc: <dbsj-h17yakuin [at] dbsj.org>; <dbsj-office [at] dbsj.org>
Sent: Wednesday, January 11, 2006 5:39 PM
Subject: [dbjapan] 学生会員諸君へ:DEWS2006撮影隊員募集


   1月9日が論文提出〆切でしたね...

DEWS2006へ論文を提出できなかった OR 提出しなかった:
   日本データベース学会・学生会員諸君
   ACM SIGMOD日本支部・学生会員諸君


2006年3月1日(水)〜 3月3日(金),沖縄コンベンションセンター(沖縄県宜野湾市)で開催される“DEWS2006(電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ/第4回日本データベース学会年次大会)”(http://www.db.soc.i.kyoto-u.ac.jp/DEWS2006/)に,参加してみたいけれど論文出していないし,研究室から旅費出してもらえない,でも行ってみたいなーーー,と切に思っている日本データベース学会あるいはACM SIGMOD日本支部の学 生(学部生・院生)会員さんはいませんか???

朗報です!!!
   学生アルバイト3名募集!!!


###タダ(全額学会負担)でDEWS2006に行けるぞ!!!###


もしそうならば,今すぐ下記に応募してください.日本データベース学会が,ディジタルアーカイビングツールMPMeisterを用いて2人一組のチーム,3チームでほぼ全発表(200件余)をディジタルアーカイビングするアルバイトです.2月28日(火)から前泊して3月3日のワークショップ終了まで,3泊4日の「宿泊費],「参加費],「交通費]を『全額』日本データベース学会が支給します.関東からでも,関西からでも,九州からでも,どこからでもかまいません.2人で1チームですから,アーカイビングの合間に,どうしても聞きたいセッションに出ることも可能でしょう.また,恒例の夜の宴会はアーカイビングの作業はありませんから,参加者と交流出来ます.こんな,いい話はありません.今年が2度目の試みです.(ちなみに,昨年度は好評であったと確信しています.)

          記
1.アルバイト期間:
  2006年2月28日(火)〜 3月3日(金)(現地集合,現地解散)
   2月28日は,夕方6時ごろにはDEWS2006指定の会場横のホテルにチェックインしてください.(それまでは,どこをうろついていても可)夕食支給,打合せ開始.3月3日,現地解散ですからその後は自由に旅行してもよい.(ただし,その分はアルバイト料には含まれません.当たり前だけど..)

2.募集学生数:
   3(学部生,院生を問いません.)
   ディジタルアーカイビングに意欲を持つ方,歓迎.

3.アルバイト内容:
   (株)リコー製のディジタルアーカイビングツールMPMeisterを用いてDEWS2005での発表のディジタルアーカイビング作業を2人一組で行う.

4.作業形態:
   ディジタルアーカイビングは3セッションパレレルで行うので,3チーム構成する.また,今年は,田中研(京大),北川研(筑波大),増永研(お茶大)の3つの研究室は,各々学生1名とMPMeisterを組み込んだコンピュータ一式を持参して中心的にアーカイビングに臨むので,募集している3名はそれぞれのチームに1名づつの配属となり,2名ペアでアーカイビングに取り組むことになる.

5.MPMeisterの使い方:
   事前に学習プログラムを送付すると共に,3月1日の午前中に実機を使ってリハーサルする.MPMeisterについては,http://www.ricoh.co.jp/solution/jirei/330101_6_j/に日本データベース学会のMPMeister導入事例が掲載されているので,まずそれをアクセスして理解すること.

6.アルバイト謝金:2月28日〜3月3日(3泊4日)の宿泊費,参加費,交通費を全額支給.交通費は各自異なるので,一時立て替えてもらって,後日学会より銀行振り込みします.

7.応募要領:2005年1月31日(火)午後5時までに,氏名,所属(大学名/大学院名,学年,所属研究室名),連絡先(研究室電話番号及び(あれば)携帯電話番号,e-mail address),『抱負』(是非やってみたいと い う熱意が伝わるような簡単な文章),を記載したメールを;dbsj-office [at] dbsj.org に送付すること.なお,件名には「学生アルバイト応募」と記載すること.質問があれば,日本データベース学会事務局にメール(前記のアドレス)すること.

8.応募結果の通知:
   〆切後,迅速に選考して,採用になった学生には直ちに本人にメールで知らせる.採用になった学生はDEWS2006に『参加登録』すること.


なお,過去3回の年次大会(DEWS2003,DEWS2004, DEWS2005)のディジタルアーカイブはDBSJのホームページからストリーム配信されています(http://www.dbsj.org/).現在DBSJの学生会員は無料で閲覧できます.

日本データベース学会会長
---
増永良文
お茶の水女子大学
理学部 情報科学科
Tel & Fax (03) 5978-5707
http://www.is.ocha.ac.jp