学会員メーリングリストアーカイブ (2006年)

10 月研究会案内:インターネット 環境でのデータ工学とディペンダ ビリティに関する研究会


インターネット環境でのデータ工学とディペンダビリティに関する研究会
(データ工学研究会・ディペンダブルコンピューティング研究会共同開催)
=================================================================
        ★★★ 10 月研究会案内 ★★★

・趣旨:
 ディペンダビリティに関する各種の要素技術はもとより,データ工学技術
について,電子情報通信学会データ工学研究会(DE)は,ディペンダブルコン
ピューティング研究会(DC)(旧フォールトトレラントシステム研究会)と連携
の上で,表記テーマの研究会を開催致します.高知,千葉,筑波,東京大森,
千葉幕張,横浜,東工大,NTT研に引き続き,第9回目の今年は,機械振興会
館(東京都港区芝・電子情報通信学会事務局所在地)における開催を予定し
ております.多くの方々のご参加をお待ちしております.

★データ工学研究会(DE)
専門委員長 佐藤 哲司  副委員長 岩井原 瑞穂, 川越 恭二
幹事 鎌原 淳三, 鬼塚 真
幹事補佐 佐々木 秀康

★ディペンダブルコンピューティング研究会(DC)
専門委員長 岩崎 一彦  副委員長 米田 友洋
幹事 細川 利典, 北神 正人

日時 2006年10月17日(火) 11:00〜17:00
   2006年10月18日(水) 13:30〜17:00

会場  機会振興会館地下3階1号室(〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8.東京メ
トロ日比谷線「神谷町」駅下車徒歩約7分,都営大江戸線「赤羽橋」駅下車徒歩
約8分,都営三田線「御成門」駅下車徒歩約10分,都営浅草線「大門」駅下車徒
歩約15分.http://www.jspmi.or.jp/map/mapright.htm)

議題  インターネット環境でのデータ工学とディペンダビリティ

10月17日(火) 午前 (11:00〜12:00)

1.PPM圧縮法における文字列検索
○大倉俊洋・北神正人(千葉大)

2.Tolerating Interaction Faults Originated From External Systems
○Bogdan Tomoyuki Nassu・Takashi Nanya(Univ. Tokyo)

−−− 昼食 ( 60分 ) −−−

10月17日(火) 午後 (13:00〜14:00)

3.オーバーレイネットワークにおける遠距離通信のホップ数削減の試み
○牧川文紀・土屋達弘・菊野 亨(阪大)

4.高速ネットワークフィルタリング装置のアーキテクチャ
○戸田賢二・片下敏宏(産総研)・坂巻佳壽美(都立産業技術センター)・名古
屋 貢(デュアキシズ)・寺島康典(ビッツ)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

10月17日(火) 午後 (14:15〜15:15)

5.[招待講演]nicter: An Incident Analysis System for the Global
Internet using Correlation between Network Monitoring and Malware Analysis
Koji Nakao・○Katsunari Yoshioka・Masashi Eto・Daisuke Inoue・Kenji
Rikitake(NICT)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

10月17日(火) 午後 (16:00〜17:00)

6.災害時における論理ネットワーク再構築手法
○島 泰三・鈴木 優・川越恭二(立命館大)

7.マルコフ連鎖モデルに基づく移動軌跡データのクラスタリング
○石川佳治(名大)

10月18日(水) 午後 (13:30〜15:00)

8.iSCSIシステムにおけるネットワーク遅延およびパケット欠落がビデオ再生
品質に及ぼす影響
○藤浦豊徳(NTT)・勇 雅人・石橋 豊(名工大)

9.An Edit Operation-Based Approach to the Inclusion Problem for DTDs
○Nobutaka Suzuki(Univ. of Tsukuba)

10.リレーショナルスキーマを起点としたアプリケーション開発の一手法
○村上 直(KEK)

−−− 休憩 ( 30分 ) −−−

10月18日(水) 午後 (15:30〜17:00)

11.並列ストレージにおけるサービス性能を保った負荷均衡化に対する更新リク
エストの影響
○小林 大(東工大)・田口 亮(NHK)・横田治夫(東工大)

12.The Effect of Confirmation Messages in a Backup-Assisted Commit Protocol
○Xiangyong Ouyang・Tomohiro Yoshihara・Haruo Yokota(Tokyo Tech.)

13.自律分散型ストレージシステムにおける性能および可用性改善の試み
○江尻 革・太田光彦(富士通)・吉原朋宏・小林 大・Ouyang Xiangyong・横
田治夫(東工大)

一般講演(30):発表 25 分 + 質疑応答 5 分

◎日程の関係上、懇親会は開催されません。
◎DC研専門委員会は、第1日目の17:00〜開催です。
◎DE研専門委員会は、第2日目の12:00〜13:30開催です。

☆DE研究会
【問合先】
佐々木 秀康
立命館大学 情報理工学部 情報コミュニケーション学科
〒525-8577 滋賀県草津市野路東1−1−1

☆DC研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日
11月28日(火)〜30日(木) 北九州国際会議場 [締切済] テーマ:デザインガイ
ア2006 ―VLSI設計の新しい大地を考える研究会―
12月8日(金) パルトピアやまぐち(山口市) [締切済] テーマ:安全性および一般
【問合先】
北神正人
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1−33
千葉大学工学部情報画像工学科