学会員メーリングリストアーカイブ (2006年)

【参加募集:最終】ACM SIGMOD日 本支部第35回大会


日本データベース学会の皆様

# 来週月曜日開催のACM SIGMOD日本支部第35回大会ですが,
# 参加申し込み締め切りが明後日となりましたので,最後のご案内をさせて
# いただきます.
# 参加ご予定でまだ申し込みをされていない方は,すぐにお申し込み下さい.
# 一人でも多数のご参加をお待ちしております.

ACM SIGMOD 日本支部では、11月6日(月)に、
「VLDB 2006 国際会議報告、ならびに、オープンソース 検索エンジン・DBMS 関連」
をテーマとする大会 (ACM SIGMOD日本支部第35回支部大会) を開催致します。
本大会は、一体運営をしている日本データベース学会と ACM SIGMOD 日本支部の
共催で、日本データベース学会会員(= ACM SIGMOD 日本支部会員)の皆様を
対象とする講演会となっております。

VLDB はデータベースシステム分野の主要な国際会議のひとつで,去る9月12日
から9月15日まで韓国ソウルで開催されました。
その最新動向について、京都大学の 義久智樹 先生よりご紹介いただきます。

一方、「オープンソース 検索エンジン・DBMS 関連」につきましては、オープン
ソースの全文検索エンジンならびに DBMS の研究開発動向に着目した企画に
なっておりまして、最先端でご活躍の方々を講師としてお招きしております。
未来検索ブラジルの 末永 匡 様には、組み込み型全文検索エンジン Senna に
ついて、ミクシィの 平林 幹雄 様には、全文検索システム Hyper Estraier
について、ビーコンIT 大須賀 一暢 様には、オープンソースDBMS MaxDB に
ついて、また、NEC からは PostgreSQL と MySQL の運用性向上に向けた取り
組みについてご紹介いただきます。

また、米国 Missouri-Rolla 大学の Sanjay Madria 先生には、関係データベー
スに格納されている XML 文書を対象とする Change Detection 手法について
ご講演いただきます。

大会の詳細は以下のとおりです。
なお、ご参加にあたっては、事前の参加登録をお願いしておりますので、
下記の要領にてお申し込みください。

多数のご参加をお待ちしております。
よろしくお願い致します。

日本データベース学会副会長・企画委員長
(ACM SIGMOD日本支部長)
北川博之
(筑波大学システム情報工学研究科・計算科学研究センター)

★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

          ACM SIGMOD 日本支部・日本データベース学会 大会
              (ACM SIGMOD日本支部第35回支部大会)

「VLDB 2006 国際会議報告、ならびに、オープンソース 検索エンジン・DBMS 関連」

          2006年11月6日(月) 9:50-18:00

会場: 国立情報学研究所 1208・1210会議室
      (東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センタービル 12階)
      地図:http://www.nii.ac.jp/introduce/access1-j.shtml

参加費: 一般 3,000円,学生 1,000円

主催: ACM SIGMOD 日本支部(支部長:北川博之 (筑波大学))
       (http://www.sigmodj.org/)
      日本データベース学会(会長:増永良文 (お茶の水女子大学))
    (http://www.dbsj.org/)

本大会担当幹事: 
      日本データベース学会企画委員兼ACM SIGMOD日本支部役員 
    片山 紀生 (国立情報学研究所) 
   石川 佳治 (名古屋大学)

※ この大会についてのお問い合わせは、担当幹事の片山 katayama [at] nii.ac.jp
   までお願い致します。

★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★

・参加費:
    3,000円 日本データベース学会 正会員
    1,000円 日本データベース学会 学生会員

日本データベース学会とACM SIGMOD日本支部の一体運営により,日本データ
ベース学会会員の皆様は同時にACM SIGMOD日本支部会員となっています.

・参加申込: Webにてお申し込み下さい.

      http://www.sigmodj.org/registration.html

    に登録用フォームがありますので,御利用下さい.

参加登録には確認のメールをお返しします.確認メールが来ない場合には,
sigmodj06_35 [at] kde.cs.tsukuba.ac.jp までお問合せください.

締め切りは11月1日(水) とさせていただきます.

・参加費は当日受付にてお支払い下さい.支部長名の領収書を発行致します.
  その時に講演資料集をお渡しいたします.

・ACM SIGMOD 日本支部法人会員ならびに日本データベース学会維持会員
 は3名まで無料枠がありますので, 申込書の「その他」の欄に
 「法人会員にて参加希望」「維持会員にて参加希望」とご記入下さい.

・日本データベース学会会員登録のお申し込みは下記にて受け付けております.
  日本データベース学会オンライン登録: http://www.dbsj.org/Japanese/

・本大会参加に関する問合せは,片山紀生(日本データベース学会企画委員兼ACM
  SIGMOD日本支部役員: 第35回大会担当)katayama [at] nii.ac.jp へメールでお願い
  いたします.

----------------------- 第35回大会のプログラム ---------------------

9:20  受付開始

9:50-10:00  プログラム紹介  北川 博之(筑波大学)

1. 10:00-12:00
     「VLDB 2006 国際会議報告 (1)」
         義久 智樹 (京都大学)

            データベース分野における権威ある国際会議の一つ Very Large
            Data Bases (VLDB2006) の参加報告を行う。Keynote Address や
            Ten-Year Best Paper Award Talk を含め数件の研究発表につい
            て報告する。(前半)

<12:00-13:00 休憩>

2. 13:00-14:00
     「VLDB 2006 国際会議報告 (2)」
         義久 智樹 (京都大学)

            データベース分野における権威ある国際会議の一つ Very Large
            Data Bases (VLDB2006) の参加報告を行う。(後半)

3. 14:00-14:40
     「XML Change Detection using Relational Model」
         Sanjay Madria (University of Missouri-Rolla)

            With the role of XML getting more and more important in
            Web services and many different application domains,
            storing XML data in different existing data models
            becoming more interesting.  For example, most of the
            E-commerce companies still use relational model for
            storing XML data.  Since XML data on Web changes, and users
            are often not only interested in the current XML data but
            also in analyzing changes over a period of time to learn
            about the evolution of the Web.  The change detection
            methods available currently mainly uses DOM tree-based
            comparison approaches, which are not scalable.  Moreover,
            if XML data is conveted into relational model to store
            then XML data has to be mapped back to DOM tree before
            applying these existing techniques.  In this talk, I
            introduce methods to detect changes in XML data after they
            are stored in relational model.  The proposed methods uses
            SQL operations to detect changes such as move, insert,
            delete and updates between two versions of XML data stored
            in a relational database.  I will present the performance
            results which are compared with some existing prototypes
            including commercial XML change detection tools.

<14:40-14:50 休憩>

4. 14:50-15:35
     「OSSデータベースの特徴と運用性向上に向けた取り組み」
         西條  賢 (日本電気株式会社)

            オープンソースソフトウェア(OSS)のデータベースとし
            て利用されることの多いPostgreSQLとMySQL
            の特徴について説明します。また、OSSデータベースの適
            用の拡大に伴い、データベースの運用性が重要となってきて
            おり、その運用性向上に向けた取り組みについて説明します。
            具体的には、データベースの運用監視と障害診断およびデー
            タベースの復旧などについて説明します。

5. 15:35-16:20
     「オープンソースDBMS MaxDBと企業のオープンソース導入事情」
         大須賀 一暢 (株式会社 ビーコンIT)

            オープンソースDBMSであるMaxDBは、ドイツで開発され、現
            在はSAP社の標準DBMSとして全世界で稼働しています。MaxDB
            の概要のご紹介と、我々ビーコンITがお客様とお付き合いす
            る中でわかってきた企業のオープンソース導入の実情とオー
            プンソースDBMSに掛ける期待をお話ししたいと考えてい
            ます。

<16:20-16:30 休憩>

6. 16:30-17:15
     「組み込み型全文検索エンジンSennaの概要」
         末永 匡 (有限会社 未来検索ブラジル)

            Sennaの概要について講演いたします。
            ・Sennaの開発目標についての説明
            ・Sennaの基本的な特徴についての説明
            ・各種機能の説明
            ・各種機能を支えるSenna内部の仕組みの説明
            ・MySQL組み込みについて
           ・MySQL既存の全文検索インデックスの問題点
           ・MySQL組み込み時の性能評価
            ・今後の開発予定

7. 17:15-18:00
     「全文検索システムHyper Estraierの設計と実装」
         平林 幹雄 (株式会社 ミクシィ)

            本講演では、全文検索システムの機能要件について、性能、
            規模、拡張性などの観点で整理し、それらを満たすために
            Hyper Estraierが採用した設計について概説します。また、
            全文検索システムの核心である転置インデックスの実装に
            ついて詳説します。

以上
------------------------------------------------------------------------