学会員メーリングリストアーカイブ (2008年)

[dbjapan] jDBフォーラム 発表募集


日本データベース学会会員の皆様

京都大学の中村聡史です.
2008年6月に小樽にて開催されますjDBフォーラムについて
発表募集を兼ねてご案内申し上げます.

【日時】2008年6月19日(木)・20日(金)
【場所】小樽市民会館(北海道小樽市)

jDBフォーラムでは下記のように,2つの研究会が同時に開催されます.
・情報処理学会 データベースシステム(DBS)研究会と情報学基礎(FI)研究会による合
同研究会
・電子情報通信学会 データ工学(DE)研究会とパターン認識・メディア理解研究会(PR
MU)による合同研究会

奮っての御発表申し込みをよろしくお願いいたします.
なお,DE/PRMUによる合同研究会の発表申し込み締め切りは明日4月4日(金)ですので
投稿を考えられている方はお急ぎ投稿いただきますようよろしくお願いいたします.

また,日本データベース学会,情報処理学会 データベースシステム(DBS)研究会,電
子情報通信学会 データ工学(DE)研究会共催による,jDBワークショップ(本ワークョッ
プは招待制のため,一般論文募集はありません)も開催されます.
こちらの講演も聴講することが出来ます.ぜひご参加ください.

======================================================================
  情報処理学会 第 145 回 データベースシステム研究会
  情報処理学会 第  91 回 情報学基礎研究会
   合同研究会 開催のご案内と発表募集
======================================================================

【申込締切】2008年 4月16日(水)
【原稿締切】2008年 5月22日(木)
【テーマセッション】データベースおよび情報学基礎一般

近年,「情報爆発」現象はますます加速を強めており,2010年には人類の創出す
る情報量が1ゼッタバイト(10の21乗)に達するとの予測もなされています.
爆発的に増加する情報に曝される人類を適切に支援するためには,大規模情報に
対するアクセス,検索,およびマイニング技術の研究を推進すると同時に,情報
の深く詳細な解析を可能とする基礎理論の研究を進め,両者の融合を図ることが
重要な課題となります.

そこで,情報学基礎研究会とデータベースシステム研究会は,研究発表会を合同
で開催し,データベース,情報学基礎一般の理論・応用両面の研究論文を広く募
集致します.なお,今回の研究会は,jDBフォーラムの一環であり,他学会の研
究会等も同時に開催されます.皆様の積極的なご投稿をお待ちしております.

【発表申込方法】
(1)発表題目:
(2)著者(発表者に○):
(3)所属:
(4)著者連絡先
   住所:〒
   氏名:
(5)電話番号,FAX番号,電子メールアドレス
   電話番号:(0___) ____ - ____
   FAX     :(0___) ____ - ____
   Email   :
(6)アブストラクト(50字程度):
(7)発表希望研究会: DBS研究会 or FI研究会
をご記入の上,メールの件名を「DBS研/FI研合同研究会発表申込み」として,
双方の照会先まで E-mail で直接お申し込み下さい.
(下記2つの照会先の両方にお送り下さい)

【問合先】
FI :蓬莱 尚幸(慶應義塾大先端生命研)
E-mail: horai(at)ttck.keio.ac.jp
DBS:豊田正史(東京大)
E-mail: toyoda(at)tkl.iis.u-tokyo.ac.jp


======================================================================
「膨大なデータから学ぶもの」に関する研究会
           電子情報通信学会
パターン認識・メディア理解研究会(PRMU),データ工学研究会(DE) 共催
              第一種研究会 (6 月) 発表論文募集のご案内
======================================================================

【申込締切】2008年4月4日(金)
【論文締切】2008年5月中旬
【テーマセッション】「膨大なデータから学ぶもの,一般」

本テーマでは,データ工学,パターン認識・理解技術の両面から,大量データを
扱う様々なアプリケーションの拡がりと,検索・ブラウジングによるインタラク
ションなどの新しい骨子をなす考え方について議論を深めるため,知識基盤社会
の推進に重要な基盤技術となるデータ解析について広く研究発表を募集します.

ここ数年のうちに、ウェブ情報のようにこれまでにないデータが大量にかつ時々
刻々と集まる状況が見られ、また、その種類や性質も多様なものへと変貌を遂げ
ています.データの多さが必ずしも情報量の増加につながらないことが大きな問
題です.知識発見やパターン認識においても、計算量のみならずメモリ量も考慮
した扱いが必要になってきています.また,アプリケーションとしても,検索,
ブラウジング,インタラクションなど,両研究会で共通するユーザ支援の方法論
に様々なものが産み出されてきています.

このような流れをうけ,データ工学研究会では PRMU (パターン認識・メディア
理解)研究会と共催で,「膨大なデータから学ぶもの」と題したテーマセッショ
ンを開催することに致しました.一昨年度から両研究会の間で,基礎技術に関す
る興味深い議論が始まっています.今年も検索,ブラウジング,インタラクショ
ン等の膨大なデータの効率的な処理方法に関する興味深い発表や議論が起こるこ
とが期待されます.研究発表や議論への参加を広く募集します.

なお,一般セッションの発表も開催いたしますので,こちらへのご投稿も
よろしくお願い致します.


テーマ担当:
PRMU:工藤峰一(北大)・新井啓之(NTT)
 DE:鈴木 優(立命館大)

【発表申込先】
下記研究会発表申込システム
 http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=DE
からお申し込みください.

【問合先】
鈴木 優(DE研究会幹事/立命館大学)
E-mail: de-staff(at)mail.ieice.org
TEL: 077-561-5275 / FAX: 077-561-5203

大町真一郎(PRMU研究会幹事補佐/東北大学)
E-mail: prmu-submit(at)mail.ieice.org
TEL: 022-795-7087 / FAX: 022-263-9418