学会員メーリングリストアーカイブ (2008年)

[dbjapan] [5/20(火)投稿〆] 情処 7月 DD研究会@ 北大 の論文募集: 「ライフログ活用技術とその課題」


日本データベース学会会員の皆様、

NTTの鬼塚です。

7/24(木), 25(金) に北海道大学開催します、情報処理学会
デジタルドキュメント研究会の論文募集のお知らせです。
「ライフログ活用技術とその課題」
  -- 将来オフィスなどの応用分野でライフログは活用されるか? --
と題して、電子情報通信学会 オフィスインフォーメーション専門委員会
(OIS)との合同で、で開催します。

発表申込の締切は、平成20年5月20日(火)となっております。
CFP の詳細は
	http://www.ipsj.or.jp/sig/dd/cfp2008-07.htm
をご覧ください。

また、開催の趣旨は以下の通りです。
■趣旨:
 近年、実生活により発生した様々な情報のディジタル化が進んでおり、
 大量のライフログとして蓄積されつつあります。個人のライフログの
 一例としては、購買履歴、移動履歴、視聴履歴、電気消費量、写真撮
 影情報等があり、企業内にも、会議面会情報、文書作成履歴、出張等
 の決裁情報、会計情報等様々なものが存在します。今後、これらのラ
 イフログを活用した新しいサービスとそれを支えるための蓄積、管理、
 利用に関する研究発表がOIS及びDDの研究分野で活性化することが期
 待されます。そこで、両研究会ではライフログとその活用に関連する
 研究発表を広く募集し、ライフログに興味を持つ研究者とシステム開
 発者が議論と情報交換を行う場を提供します。
 
 また、研究発表だけではなく、両研究会の運営委員によるパネル討論
 を行い、現状のオフィスにおける課題を抽出し、ライフログで何が解
 決できるかをケーススタディにより議論を行い、この分野の今後の研
 究の方向を展望したいと思います。
 
 尚、ライフログに直接関わらなくても、将来ライフログの分析に活用
 できる可能性のあるデータマイニング技術や情報管理技術等の発表も
 歓迎します。


以上です。
---------------------------------------------------------------
Makoto Onizuka(鬼塚 真)         E-mail  onizuka.makoto [at] lab.ntt.co.jp
Open source software computing project, NTT Cyber Space Laboratories
Phone   046 859 4690
Fax     046 859 2768