学会員メーリングリストアーカイブ (2008年)

[dbjapan] 第5回バイオインフォマティクス学会オントロジー研究会


日本データベース学会の皆様、

#重複してお受け取りになられた方はご容赦ください.

京都大学の五斗と申します。

明日東大医科研で開催されます、第5回バイオインフォマティクス学会
オントロジー研究会の案内をお送り致します。バイオインフォマティク
ス学会員以外の方も無料で参加して頂けますので、お気軽にお越しいた
だければと思います。皆様の参加をお待ちしております。


第5回バイオインフォマティクス学会オントロジー研究会のご案内

第5回オントロジー研究会を10月28日(火)に東京大 学医科学研究所で
開催いたします。今回は、理化学研究所におけるオントロジー研究と実
践の取り組みとして、実験系と情報系からそれぞれお一人ずつの先生に
お話を伺うことにしました。

また、一般講演を2件予定しています。オントロジーに限らず、データ
ベース構築、統合、データマイニング、テキストマイニングなど幅広い
分野の方のご参加をお待ちしております。

日時:2008年10月28日(火)14:00〜17:00
場所:東京大学医科学研究所 講堂
   http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/access/access/
   http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/access/campus/ (1号館1階)
参加費:無料

問い合わせ:京都大学化学研究所 五斗進( goto AT kuicr.kyoto- u.ac.jp )

プログラム

14:00〜15:00 招待講演1
実験遺伝学における多様なデータを記述するためのオントロジー基 盤の構築
桝屋啓志(理化学研究所バイオリソースセンター)

15:00〜16:00 招待講演2
理研におけるセマンティクウェブ技術の応用とライフサイエンス統合DB への貢献 参考URL http://omicspace.riken.jp/publications/evolution/ page9.html
豊田哲郎(理化学研究所生命情報基盤研究部門)

16:00〜16:30 一般演題1
自然言語処理技術GENPACを用いた新規の疾患パスウェイの収 集と構築
櫛田達矢(ナラプロ・テクノロジーズ)

16:30〜17:00 一般演題2
化学物質の毒性予測及び健康リスク評価手法確立のための基盤シス テムの構築
曽根秀子、黄倉雅広(国立環境研究所)



---
五斗 進 <goto [at] kuicr.kyoto-u.ac.jp>
京都大学化学研究所 バイオインフォマティクスセンター
tel:0774-38-3271  fax:0774-38-3269