学会員メーリングリストアーカイブ (2008年)

[dbjapan] NTCIR-7 Meeting, Dec 16-19, 2008: Early bird closed on Oct 31


筑波大学の藤井と申します.

本日までの参加登録は早割の対象になります.
奮ってご参加ください.


------------------------

重複して受け取られた方はご容赦下さい。

第7回NTCIRワークショップ(NTCIR-7)成果報告会の参加案内をお送りします。
情報アクセス技術に関する研究分野(情報検索、自然言語処理、データ工学な
ど)にご関心がある方は、どなたでも歓迎いたします。奮ってご参加ください。
早期参加登録の割引は10月31日までです。

 日程: 2008年12月16日〜19日
 会場: 学術総合センター(神保町・竹橋)
 http://research.nii.ac.jp/ntcir/ntcir-ws7/meeting/

NTCIRは、情報アクセス技術の研究促進を目的として、研究に必要不可欠な
大規模かつ再利用可能な実験用データセットを提供します。さらに、研究上
のアイディアや妥当な評価方法について議論できるフォーラムを提供します。
具体的には、複数の研究チームが共通の「研究課題(タスク)」を進める
ことで、協調と競争のバランスを保ちながら研究者コミュニティーの発展を
目指しています。

前回の成果報告会には、18カ国から200名以上の研究者が出席し、活発な議
論と意見交換の場を持ちました。出席者の約半数はNTCIRのタスク参加者、
残りの半数の方々も議論に大いに貢献してくださいました。今年も、多数の
世界で活躍する情報アクセス技術研究者が一同に会します。ぜひ、ご出席
の上、今後のさらなる研究発展に向けた議論に参加してください!

今回のNTCIR-7では、以下のタスクを設定しました。

 ・複雑な質問を扱う言語横断質問応答 (CCLQA)
 ・質問応答向け文書検索 (IR4QA)
 ・多言語意見分析 (Multilingual Opinion Analysis, MOAT)
 ・動向情報の要約と可視化 (MuST)
 ・特許情報のマイニング (PAT-MIN)
 ・特許情報の翻訳 (PAT-MT)


成果報告会の2日目から4日目(12月17-19日)に、各チームの研究成果や、比
較評価によって得られた知見が発表されます。

初日(12月16日)には、情報アクセス技術評価に関する国際ワークショップ
(EVIA 2008)とチュートリアルが企画されています。NTCIR-7の成果報告会
に参加登録された方は、全ての企画に参加することができます。

学生さんは無料で参加できます。(ただし、無料参加の場合、予稿論文集の
ハードコピーはつきません。オンライン論文集は、成果報告会の初日から
Web上で閲覧可能となります。(別途、論文集を購入することも可能ですが、
その場合は事前登録の早割(10月31日まで)がお得です)

皆様の参加を心よりお待ちしております。

---
神門 典子
NTCIRプロジェクト


[English Message]

Apologies for multiple copies

*********************************************************************
                      CALL FOR PARTICIPATION
              NTCIR-7 Workshop Meeting on Evaluation
           IR, QA and Cross-lingual Information Access
                       December 16-19, 2008
                         NII, Tokyo, Japan
       http://research.nii.ac.jp/ntcir/ntcir-ws7/meeting/
*********************************************************************

The NTCIR-7 Workshop Meeting will be held on December 16-19, 2008,
at NII in Tokyo, Japan. Anybody who is interested in research areas
related to NTCIR, such as Information Retrieval, Natural Language
Processing, and Data Engineering, is welcome to attend and join the
discussion.

Last year, more than 200 attendees from 18 different countries
contributed to discussion and exchanging the experiences with one another.
Among them about half were researchers participated in the ”task(s)”
set by NTCIR, and others contributed to fruitful discussion.

At NTCIR-7 Meeting, active information access (IA) researchers will get
together again and share their experiences, and discuss the future plan
and the roadmap for leveraging the IA research.

NTCIR-7 has hosted the following six tasks.
 * Complex Cross-Lingual Question Answering
 * Information Retrieval for Question Answering
 * Multilingual Opinion Analysis
 * Multimodal Summarization and Trend Information
 * Patent Mining (Classification and Information Retrieval)
 * Patent Translation

The overview and system papers will be presented at the Meeting
on DAY 2-4 (December 17-19).

The first day of the Meeting will be a Tutorial and EVIA 2008
(the Second International Workshop on Evaluating Information Access).

Online registration is available at:
http://research.nii.ac.jp/ntcir/ntcir-ws7/meeting/register-en.html

The full registration fee for non-students includes one copy of
the proceedings, three lunches, three light refreshments for
breakfast, banquet, and coffee breaks.

If you are a student, the meeting is free of charge!!!
Three light refreshments for breakfast and coffee breaks will be
served.

Students can also purchase the printed proceedings and lunch/banquet
tickets with a reasonable price.

Online proceedings will be available at the NTCIR Web site during
and after the Workshop Meeting.


Looking forward to seeing you in Tokyo.

---
Noriko Kando
NTCIR project