学会員メーリングリストアーカイブ (2009年)

[dbjapan] CFP:WIT2009(インターネットテクノロジワークシ ョップ)


日本データベース学会の皆様

山名@早稲田です。
第10回インターネットテクノロジワークショップ(査読有)のCFPを
お送りさせていただきます。インターネット関連技術(Web検索・解析を
含む)の分野で幅広く募集しております。どうぞよろしくお願いいたします。
http://wit.jssst.or.jp/2009/

山名早人
======
            第10回インターネットテクノロジーワークショップ
         The Tenth Workshop on Internet Technology(WIT2009)
                        論文募集のお知らせ

                  論文投稿締切 : 2009年 4月20日(月)
	   ワークショップ: 2009年 6月26日(金)〜27日(土)

日本ソフトウェア科学会インターネットテクノロジー研究会では,第10回インター
ネットテクノロジーワークショップ(The Tenth Workshop on Internet Technology
- WIT2009)を開催いたします.本ワークショップは平成10年(1998年)から9回開催
され,活発な議論/意見交換がなされて好評を得てきました.本年もインターネッ
トの先端的,学術的研究から,実装,運用経験など実際的な内容まで幅広く,相互
の発表と自由で活発な情報交換の場を提供することを目的とし第10回を開催いたし
ます.本ワークショップを活発な研究発表/議論の場として,是非,発表をご検討
下さい.

本ワークショップのトピックとしては,

    ルータ/ゲートウエイ,
    インターネット関連プロトコル,
    セキュリティ,
    ネットワークマネージメント,
    ネットワーク基本ソフトウェア,
    インターネットに関連する基盤ソフトウェア・ミドルウェア,
        (Pervasive computing, Grid computingなど)
    アプリケーションソフトウェア,
    Web情報検索・構造・進化,
    インターネットにおけるプライバシー保護,
    WWW関連技術,
    ネットワーク構築/運用経験,
    分散IX・地域IX

などを予定していますが,インターネットに関連する内容であれば,これらに
限らず広く受け付けます.

[開催日程]
  2009年6月26日(金)〜27日(土)

[発表会場]
  富良野ホップストーアスホテル(北海道空知郡上富良野町)

[投稿要領]
  4月20日(月)までに4ページ以上8ページ以内の論文を投稿ください.
  論文原稿は,
   ・日本語あるいは英語
   ・日本語論文の場合には英語タイトル名も付ける
   ・アブストラクト(日本語の場合200 - 500文字程度,英語の場合100-200
    word程度)
   ・PDF形式
   ・本文は2 columnで,10pt - 11ptのフォントを使用
  でお願いします.紙による投稿は受け付けません.

  本ワークショップでは,完成した研究成果だけでなく議論を活発にするような
  研究発表も積極的に採択します.挑戦的ではあるが研究途上で中間報告的な発
  表,有意義なデータの紹介など,通常では論文になりにくいものでも,討論の
  話題を提供する性格のものは歓迎いたします.
  査読は行ないますが,より多くの方に発表の場を提供する方針です.

  発表者は,当日までにA4で8ページ程度の論文を参加人数分用意し,これを会場
  で配布していただきます.その後,コメントなどを反映させたものを,研究会
  資料としてWWWにて公開いたします.

  また,最新の情報(参加費,参加申込方法など)は,本ワークショップ HP
    http://wit.jssst.or.jp/2009/
  からアクセスできます.
  日本ソフトウェア科学会インターネットテクノロジー研究会HP
    http://www.jssst.or.jp/plan/sig.html
  からもアクセス可能とする予定です.
  適時更新しますのでご確認ください.なお,発表された論文も,ワークショッ
  プ後,上記Web pageからアクセス可能となりますから,投稿の際にはWebでの
  事後公開についてご了承下さい.

[投稿申込と論文投稿]
  以下のページの指示に従ってください.
    http://wit.jssst.or.jp/2009/submit/
  原稿ファイルは,PDF形式とします(他のフォーマットのデータを投稿しない
  ようにお願いします).なお,発表枠に限りがあることから,投稿申込多数の
  場合には,事前に締め切ることがございますので,ご了承ください.
  論文の差し替えは投稿締め切りまでは可能となっていますので,早めの申し込
  みをお願いします.

[重要日程]
  論文投稿締切:    2009年4月20日(月)
  採否通知:      2009年5月26日(火) [発表論文リスト公開]
  ワークショップ:   2009年6月26日(金)〜27日(土)
  Web 掲載用最終原稿: 2009年7月16日(木)
	※ Web 掲載用原稿を製本して国会図書館に納付します

[参加費と参加申し込み]
  http://wit.jssst.or.jp/2009/ をご覧ください.

[主催]
  日本ソフトウェア科学会 インターネットテクノロジー研究会

[問い合わせ先]
  wit2009-staff [at] entia.org

[運営委員会]
  運営委員長
    木村 泰司  (日本ネットワークインフォメーションセンター)

[プログラム委員会]
  プログラム委員長
    廣津 登志夫 (豊橋技術科学大学)

  プログラム委員
    明石 修   (NTT未来ねっと研究所)
    浅見 徹   (東京大学)
    和泉 順子  (奈良先端科学技術大学院大学)
    岡村 耕二  (九州大学)
    奥乃 博   (京都大学)
    小野 康一  (日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所)
    門林 雄基  (奈良先端科学技術大学院大学)
    菊池 豊   (高知工科大学)
    木村 泰司  (日本ネットワークインフォメーションセンター)
    河野 美也  (ジュニパーネットワークス)
    齋藤 義仰  (岩手県立大学)
    菅原 俊治  (早稲田大学)
    砂原 秀樹  (慶應義塾大学)
    高木 浩光  (産業技術総合研究所)
    寺岡 文男  (慶應義塾大学)
    中村 素典  (国立情報学研究所)
    西田 佳史  (Dyyno Inc.)
    廣海 緑里  (インテック・ネットコア)
    福田 健介  (国立情報学研究所)
    藤本 衡   (東京電機大学)
    水越 一郎  (NTT東日本)
    山名 早人  (早稲田大学)
    吉田 健一  (筑波大学)

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
Hayato YAMANA,  Prof.  Waseda Univ.  Mail: yamana [at] acm.org
Bld.51-11-05, 3-4-1 Okubo, Shinjuku-ku, Tokyo 169-8555 JAPAN   
TEL/FAX: 03-5286-3503 URL:http://www.yama.info.waseda.ac.jp/
Access: http://www.sci.waseda.ac.jp/campus/index.html