学会員メーリングリストアーカイブ (2009年)

[dbjapan] 【参加募集案内】楽天研究開発シン ポジウム2009 11月14日(土)


日本データベース学会会員の皆様
(重複して受信された場合は,ご容赦ください.)

楽天技術研究所の平手勇宇でございます.
11月14日に開催予定の楽天研究開発シンポジウム2009の参加案内をさせてい
ただきます.事前登録は10月31日となっておりますので,ふるってご参加い
ただくようお願い申し上げます.

皆様からのご参加をお待ちしております.

-------------------------------------------------------------------
        楽天研究開発シンポジウム2009
  〜 インターネットサービスの未来を開くテクノロジー 〜
           参加募集のご案内
     http://rit.rakuten.co.jp/conf/rrds2009/ 
-------------------------------------------------------------------

【開催主旨】

 楽天技術研究所では,来る2009年11月14日(土),楽天本社にて,
 「インターネットサービスの未来を開くテクノロジー」をテーマに,
 楽天研究開発シンポジウム2009を開催いたします.

 本シンポジウムは,知識創成社会を担う情報技術分野の主に学生の
 皆様が一堂に会し,現在研究中のアイデアや最近行った研究の成果
 を発表し合う場として企画いたしました.様々な視点からの研究発
 表と,そのディスカッションを通して,新しいインターネットサー
 ビスを生み出す技術の姿を模索し,これからの研究開発は何を生み
 出すべきかについて考えていきたいと思っております.

 本シンポジウムでは,口頭発表9件,ポスター発表9件の計18本の研
 究発表を予定しております.また,楽天技術研究所フェローである
 まつもとゆきひろ氏による基調講演,および各分野で活躍されてい
 る若手研究者をお招きして,「インターネットに挑む若手研究者」
 と題したパネルディスカッションの開催も予定しております.

 本イベントに参加される皆様にとっては,通常の学会発表のような
 議論に加え,ご自身の研究について,企業側からの視点,コメント
 等が得られる機会となるかと考えております.様々な研究者との交
 流を通して,今後の進め方,方向性を考える有意義な時間になるこ
 とを願っております.


【日時・会場】

 日 時: 2009年11月14日(土)12:00 - 20:30
 会 場: 〒140-0002
      東京都品川区東品川4-12-3 品川シーサイド楽天タワー 4F


【参加費と事前登録の案内】

 □ 参加費:無料
  ※懇親会にご出席される方のみ,学生500円,学生以外1,500円の
   会費を当日にいただきます.あしからずご了承ください.

 □事前登録
  
  下記のフォームより,参加登録を行ってください.
  締切:10月31日(土)
  https://common2.rakuten.co.jp/form/rrds2009/registration.html


【プログラム】

12:00 - 12:10 開会
   開会挨拶
  森 正弥(楽天技術研究所所長)

12:10 - 12:40 基調講演
   まつもと ゆきひろ氏 (Ruby開発者)

12:50 - 13:50 セッション1

 1.間接係り受け関係の導入と相互情報量の再考察による
  単語意味的カテゴリ分類の精度向上
  NGUYEN Pham Thanh Thao, 尾内理紀夫(電気通信大) 

 2.CSSセレクタで表現されたコンテンツ抽出ルールの自動獲得
   吉田光男, 乾孝司, 山本幹雄(筑波大)

 3.Experimental Approach to Design Double Auction Market
   MASABUMI FURUHATA(University of Western Sydney,IRIT-Universite de Toulouse)
   DONGMO ZHANG(University of Western Sydney), 
   LAURENT PERRUSSEL(IRIT-Universite de Toulouse) 

14:00 - 15:20 セッション2

 4.未来戦略立案のための情報検索
   河合英紀(NEC, 京都大), Adam Jatowt, 田中克己(京都大), 
   國枝和雄, 山田敬嗣(NEC) 

 5.ユーザの嗜好を反映したクエリ拡張を用いた情報検索・推薦システムの開発
   水野淳太(奈良先端科学技術大), 村田祐一, 勝屋久(情報処理推進機構) 

 6.緩和の意図を伝えられる検索システムにおける話題の独立性・網羅性を
   考慮したランキング手法の提案
   金子恭史, 中村聡史, 田中克己(京都大) 

 7.挟みこむ検索:Webからの補間オブジェクト発見
   旭直人, 山本岳洋, 中村聡史, 田中克己(京都大)

15:30 - 16:10 セッション3

 8.楕円形状を利用した花画像の正面画像への変形手法の提案
   佐藤智大, 尾内理紀夫(電気通信大), 三條正裕, 森正弥(楽天株式会社) 

 9.位置情報付き写真における撮影位置の航空写真を利用した画像認識
   八重樫恵太, 柳井啓司(電気通信大)

16:10 - 16:30 休憩

16:30 - 17:10 ポスターセッション

 10.デジタルサイネージのためのバーチャルキャラクタの行動制御 
    森博志, 白鳥和人, 星野准一(筑波大) 

 11.Web 上の広告情報を用いたアフィリエイトスパムの分析 
    石井聡一,芳中隆幸(東京電機大), 福原知宏(東京大), 
    増田英孝(東京電機大),中川裕志(東京大) 

 12.柔軟なスケジュール情報流通のためのスケジュール流通プロトコルの提案 
    川島和澄, 笹田耕一(東京大) 

 13.Web上の将来情報の発見と集約的提示 
    金澤健介, Adam Jatowt, 小山聡, 田中克己(京都大) 

 14.スマートモブズへのビデオログ共有サービスの構想 
    井上重信, 小関博, 芝田弘之, 叢建強, 嶋田茂(首都大学東京) 

 15.情報推薦における,消費者セグメントの大きさを基準とした
    最適パラメータの分析 
    梅田卓志(楽天株式会社), 小山友介(芝浦工業大), 出口弘(東京工業大) 

 16.マイクロブログを対象とした制約付きクラスタリングシステムの試作 
    青島傳隼, 福田直樹, 横山昌平,石川博(静岡大) 

 17.軽量なウェブブラウジング共有の高機能化 
    中村大介, 疋田輝雄(明治大) 

 18.Discontinued Products Recommendation System Based on Searching Engine 
    XINYOU ZHAO, XIN WAN, TOSHIO OKAMOTO(電気通信大)

17:10 - 18:10 パネルディスカッション

 テーマ:インターネットに挑む若手研究者
 パネラー:
   岡野原 大輔 氏
     東京大学大学院 情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻
     株式会社 プリファードインフラストラクチャー フェロー 特別研究員
   首藤 一幸 氏 
     東京工業大学大学院 大学院情報理工学研究科 数理・計算科学専攻 准教授 
   中村 聡史 氏 
     京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 特定講師 

18:10 - 18:40 表彰式・閉会

18:55 - 20:30 懇親会 (楽天タワーカフェテリア)


【お問い合わせ】

 楽天研究開発シンポジウム運営事務局
 rit-rrds2009 [at] mail.rakuten.co.jp