学会員メーリングリストアーカイブ (2010年)

[dbjapan] 情報処理学会「研究会推薦博士論文速報」特集号


日本データベース学会の皆様:

情報処理学会DBS研究会主査の角谷でございます.

添付のような情報処理学会誌の特集号が,今年度も予定されております.
該当する博士論文がございましたら,是非ともご推薦いただきますようお
願い申し上げます.DBS研運営委員会で検討し,ご推薦いただいた中から
1〜3件程度を研究会推薦として学会へ報告する予定です.

時間が短く恐縮ですが,2月5日(金)までにご推薦いただけますと幸いでご
ざいます.

よろしくお願い申し上げます.

-------------------------------------------------------------
         兵庫県立大学 環境人間学部 環境人間学科 社会環境部門
                             情報メディア研究室    角谷 和俊
               〒670-0092 姫路市新在家本町 1-1-12 A棟305号室
       URL: http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/sumiya/sumiya.html
 Tel/Fax: 079-292-9339  E-mail: sumiya(at)shse.u-hyogo.ac.jp
-------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------
         情報処理学会「研究会推薦博士論文速報」特集号について

 博士論文は、新しい理論を開拓し優れた実現法を与えることにより情報
処理研究の発展に大きく寄与しています。このような博士論文の研究成果
を、専門家だけではなく情報処理学会誌の読者にいち早く紹介することは
大きな意義があります。学会全体で学位取得者を歓迎する雰囲気を作るこ
とで、新博士も学会への親近感を持ち今後の研究会等での活躍を期待でき
ます。また、会員企業にとっては人材発掘、新博士にとっては就職等の機
会にもなると思われます。さらに、若い学生会員に対してもよい刺激を与
えることになります。

 情報処理学会誌では、平成20年度から各研究分野をカバーする約40研究
会の主査の推薦により、その年度の優れた博士論文を情報処理学会誌の
「研究会推薦博士論文速報」特集を通して読者に紹介する企画がスタート
し、大変好評を博しました。そこで、平成22年度より、「研究会推薦博士
論文速報」を連載して毎号博士論文を紹介することになりました。研究会
主査推薦の制度により、情報処理の各分野から優れた論文を定期的に読者
に紹介することが可能になり、研究会の特徴と活性を主張することもでき
ます。また、研究会推薦の博士論文を紹介することで、各研究分野の最新
研究動向を読者に知らせることができ、次年度以降に博士取得を志望する
研究者の目標設定を容易にするなどの効果が期待されます。下記のとおり
ご協力くださいますようお願い申し上げます。


■ 対象
       2008年4月-2009年3月までの博士論文

■ 各博士論文に関する掲載形式と内容(予定)

    博士論文1件あたり学会誌の1/2ページ程度とし、次の内容を含む。
       ・著者情報
             氏名、学位論文タイトル、取得年月、学位種別、大学、掲載時の
             所属、会員・非会員の別
       ・内容の要約
         (一般向けにわかりやすく書く。読者の理解を助ける為のポンチ絵が
           あることが望ましい。)
       ・研究背景
           - 対象問題
           - 学術的な貢献または応用
       ・推薦研究会(一言、簡単なコメント)

    (2010年の各号の連載として掲載)

■ 締め切り  
       2010年2月5日(金) 17:00

■ 宛先
       DBS研幹事
       dbs-kanji [at] shse.u-hyogo.ac.jp

----------------------------- 推薦フォーマット --------------------------
被推薦博士論文:

        題目:
        
        著者:
        所属:
        (現)所属:
        e-mail:  
        tel:     

推薦理由:
   (1) 本研究会の研究を宣伝できる面白い論文として推薦する。
   (2) 国際的に高く評価されている研究として推薦する。
   (3) 斬新なアイデアで高く評価される論文として推薦する。
   (4) 大きな将来性を持つ研究として推薦する。
   (5) 大きな実用性を持つ論文として推薦する。
   (6) 新人賞として表彰できる研究として推薦する。
   (7) その他(                )

推薦文(一言、100文字以内):










推薦者:
        所属:
        氏名:
        e-mail:
        tel:
------------------------------------------------------------------------


                                                                    以上