学会員メーリングリストアーカイブ (2012年)

システム開発論文特集( 和文論文誌 D )論文募集(締切1/1 1)

  • To: dbjapan [at] dbsj.org
  • Subject: システム開発論文特集( 和文論文誌 D )論文募集(締切1/1 1)
  • From: Hayato YAMANA <yamana [at] waseda.jp>
  • Date: Sat, 01 Dec 2012 13:39:55 +0900

日本データベース学会の皆様:

山名@早稲田です。

9月に中野先生から案内をいただいておりますシステム開発論文特集号
ですが、★投稿締切(2013/1/11)★まで、あと一ヶ月あまりとなりました
ので、再度アナウンスさせて頂きます。

==

 情報・システムソサイエティの和文論文誌編集委員会では,この度,
システム開発論文特集号(2013年10月号)を以下の通り企画いたし
ました.締切は2013年1月11日(金)となっておりますのでお知らせ
いたします.皆様からのご投稿をお待ちしております.

詳細:
http://www.ieice.org/jpn/books/ronbuntokushu/cfp_jd_201310.pdf

---システム開発論文特集(和文論文誌D) 論文募集---

                   システム開発論文特集編集委員会

 情報・システムソサイエティ和文論文誌では,既存技術の組合せであっても
イノベーションとして新たな価値を生み出すシステム開発の重要性に焦点を当
てるため,「システム開発論文特集」(平成25年10月号)を企画致しました.
言うまでもなく学会活動において要素技術や理論の研究とそれらをベースとし
たシステムの開発は,車輪の両輪です.各要素技術はそれらを組み合わせて社
会の要請に応える実システムとして具現化してこそ,その真価を発揮します.
実システムの構築・運用で蓄積されたノウハウや利用者からのフィードバック
は要素技術や理論の研究にとっても貴重な知見となります.
本学会では,ソフトウェア・ハードウェアを問わず企業・大学・官公庁研究機
関において行われたシステム開発に関する成果をまとめた論文を「システム開
発論文」と定義し,それが部分的に公知となったシステムに関するものであっ
ても,学術論文として積極的に受け付けています.本特集を通じて,システム
開発論文の位置づけを更に多くの会員の皆様に知って頂き,今後システム開発
論文の投稿が更に活発化する契機となることを期待しております.ぜひこの機
会にシステムの開発に関する考察と技術的実践を取りまとめ,奮って御投稿下
さいますよう御案内申し上げます.

1. 対象分野
  情報・システム技術全般
(和文論文誌Dが対象とする全技術分野,ハードウェア・ソフトウェアを問い
ません.)

2. 投稿締切日    平成25年1月11日(金)厳守

3. 問合せ先
山田 武士
  NTTコミュニケーション科学基礎研究所
  E-mail: yamada.tak [at] lab.ntt.co.jp