学会員メーリングリストアーカイブ (2014年)

[dbjapan] DBS/IFAT/DE 8月研究会(id b2014併設)発表募 集 -- 6/3申込締切 - 7/1原稿締切 - 8/1,2 開催


日本データベース学会の皆様,

名古屋大学の鈴木です.

iDB Workshop 2014と同時に開催されますDBS/IFAT/DE研究会の論文を募集させて
頂きます.

昨年度と同様,日本語によるメンタリングセッションを設置する予定です.
メンタリングではない通常のセッションも設置します.学生の方から
若手研究者の方,シニア研究者の方まで幅広く論文を募集いたします.
ご研究のブラッシュアップの場としてぜひご活用ください.

Web 版の CFP は以下のようになっております.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/dbs159ifat115.html

なお,同時開催される iDB Workshop 2014 については以下のURLをご参照ください.
http://db-event.jpn.org/idb2014/

是非ご投稿頂きますようお願いいたします.

---
Yu Suzuki <suzuki [at] db.ss.is.nagoya-u.ac.jp>
Assistant Professor
Graduate School of Information Science, Nagoya University, Japan



======================================================================
情報処理学会 第159回 データベースシステム研究会 (SIG-DBS)
電子情報通信学会データ工学研究会(DE)
情報処理学会 第115回 情報基礎とアクセス技術研究会 (SIG-IFAT)
連立開催のご案内と発表募集
======================================================================

【日  程】2014年8月1日(金), 2日(土)
【場  所】九州大学医学部百年講堂
福岡県福岡市東区馬出3−1−1
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/100ko-do/
【申込締切】2014年6月3日(火)
【原稿締切】2014年7月1日(火)
【 テーマ 】ビッグデータを対象とした管理・情報検索・知識獲得および一般

近年,Webデータや実世界センサーデータに代表されるビッグデータの活用が注
目されています.この大規模なデータを有効に活用するためには,データの管
理やデータを対象とした情報検索,知識獲得に関わる研究を理論と応用の両面
から推進することが急務となっています.

そこで,情報処理学会データベースシステム研究会 <http://www.ipsj-dbs.org/> ,
電子情報通信学会データ工学研究会(DE),情報処理学会情報基礎とア
クセス技術研究会 <http://ipsj-ifat.org/> は,研究発表会を合同で開催し,
ビッグデータを対象とした管理・情報検索・知識獲得の理論・応用に関する研
究論文を広く募集致します.また,これらのテーマに限らず,3つの研究会が取
り扱う研究領域に関する研究論文を歓迎します.

また,本合同研究会では学生および若手研究者の育成を目指し,各研究会運営
委員を中心としたメンターによる十分な質疑応答時間を確保した「メンタリン
グセッション」を設置する予定です.

なお,発表1件あたりの時間配分を一般発表は30分程度,メンタリングセッショ
ンの発表は40分程度とし,じっくりと議論する時間を確保する予定です.この
ため,発表は先着順とさせていただきますので,早めにお申し込みをお願いし
ます.

なお,情報処理学会と電子情報通信学会の連催(連立開催)となることから,
発表申込み,原稿の提出はそれぞれの学会ごとに行うことになっております.
著作権は発表を申し込んだ学会に帰属することになりますが,どちらの学会
に申し込んでも,情報処理学会の電子図書館および電子情報通信学会技術研
究報告の両方に掲載される予定です.また,発表時には,申込み学会の区別
なく,セッションを構成する予定です.

また,本研究会は iDB Workshop 2014 <http://db-event.jpn.org/idb2014/>
と同時に開催されます.皆様の積極的なご投稿をお待ちしております.

【原稿ページ数】 6ページ以内

【発表申込方法】
以下の研究会のうち所属されている研究会を一つ選択し,発表申し込みを行ってください.
複数の研究会に所属されている場合には,任意の一つの研究会を選択してください.以下
の研究会に所属されていない場合は,どちらの研究会をご選択頂いても問題ありません.

[DBS/IFAT研究会]
※【研究会への連絡事項】に,メンタリング希望,もしくはメンタリング不要と明記してください.

DBS : https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/DBS/
IFAT : https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/IFAT/

[DE研究会]
  以下から申し込みください.
  http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-DE

【発表申込み及び電子化に関する補足】
★ 受け付けは先着順で行なっております.
締切間際になりますと,申し込み件数によりましては次回の研究会にまわって
頂くようお願いする場合がございます.申し込みを予定しておられます方は
なるべく早めにお申し込み下さい.
★ 締切り後の発表キャンセルは原則としてできません.
発表申し込み後にキャンセルの必要が生じた場合にはなるべく早くご連絡くだ
さい.発表申込後,学会が提示する原稿提出締め切りまでに原稿が到着しない
場合には,幹事団の判断により発表を取り消しさせていただくこともあります.
★ 論文提出締切後の原稿差し替えはできません.
★ 情報処理学会研究報告のペーパーレス化
DBS/IFAT研究会はペーパーレスでの開催となり,印刷した研究報告の配布を行いませんが、DE研究会
は技術報告書を作成します。.また,特許出願の公知日(研究報告の公開日)が従来より1週間早まり
ますので,ご留意ください.
[DBS/IFAT研究会へ発表登録を行われる方]
o [DBS/IFAT研究会にご登録されている方]
  研究会発表の研究報告が研究会当日1週間前より情報処理学会電子図書館で閲覧できます.事前に
研究報告PDFをご自分のPCにダウンロードし研究会にご持参ください.
※電子図書館のご利用にはユーザ登録(無料)が必要です.
o [DBS/IFAT研究会にご登録のない方]
  当日研究会にUSBメモリの読めるPCをご持参ください.研究会会場にて,USB
  メモリからコピーすることで研究報告PDFを閲覧することができます
[DE研究会へ発表登録を行われる方]
  当日,会場受付にて技報(紙冊子)をお受け取り下さい.また,印刷物としての研究会論文集をご
希望の方は,受付にて電子情報通信学会技術研究報告書「データ工学」をご購入頂けます.技術研究報
告書を予約されている方は,電子情報通信学会の技報オンラインサービスによって,Webからの閲覧も
可能です.この機会に予約購読の申し込みをご検討下さい.
(http://www.ieice.org/jpn/books/kenkyuuhoukoku.html)
------------------------------------------------------------