学会員メーリングリストアーカイブ (2014年)

[dbjapan] IEEE SRDS2014 学生ボランティア募集


日本データベース学会の皆様

阪大の原です。

※※ 研究室や周辺の学生の皆様に転送頂きますようお願い致します。※※

10月6日(月)〜9日(木)の日程で奈良において開催される国際会議
IEEE SRDS2014 (International Symposium on Reliable Distributed Systems) で、
学生ボランティアとして運営のお手伝いをしてくださる方を募集します。

会議の詳細は下記ホームページをご覧下さい。
[SRDS2014 Home Page]
http://www-nishio.ist.osaka-u.ac.jp/conf/srds2014/

ボランティアとして参加してくださる方には、以下の特典が用意されて
います(一部は予定。状況によって変更される可能性があります)。
・カンファレンスバッグ、スポンサー企業グッズ等がもらえる!
・参加費無料で講演や発表を聴講できる!
・参加者と同じランチを提供!
・レセプション/バンケットに参加して無料で美味しいものを食べられる! 
・会議参加者や他大学のボランティアさんと交流できる!

※※※注意!※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
(1) 交通費、宿泊費のサポートはありません。***自己負担***でお願いします。
(2) 指導教員の許可を得てから応募してください。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

シフト制とする予定ですので、空いた時間に聞きたいセッションに参加することも
できます(最低50%は空き時間ができるよう仕事を割り振ります!)
せっかくの機会ですので、どしどしご応募ください!

-----------------------------------------------------------------------
    記

【1.参加期間】
 2014年10月6日(月)午前8時ごろ※ 〜 9日(木)夜 [現地集合、現地解散]
 ※遠方の場合はこれに限らず、集合可能な時間を考慮します。
【2.募集人数】
 15名程度
 国際会議ですので、英語での対応が必要な場合があります。
 英語ができる方、大歓迎。

【3.仕事内容】
 ・各セッションのサポート(機材、マイク等)
 ・受付対応
 ・参加者の案内,誘導
 ・写真/ビデオ撮影
 などなど、会議運営のお手伝い全般

【4.応募要項】
 下記のテンプレートに必要事項を記入し、学生ボランティア担当
 (srds_sv [at] fuji.cs.titech.ac.jp)までメールにて応募してください。
 なお、メールの件名は「学生ボランティア応募」としてください。
 -----------------------------------------
 氏名(ふりがな):
 所属:
 学年:
 性別:
 指導教員:
 連絡先(メールアドレス):
 自己PR/意気込み
 (英語話せます!写真撮影得意です!ボランティア経験有ります!など):
 -----------------------------------------

【5.応募〆切】
 2014年8月31日(日)

【6.応募結果の通知】
 〆切期日後、採用となった学生さんにメールにてお知らせします。

【7.学生ボランティアに関する問い合わせ先】
 東京工業大学 大学院情報理工学研究科 金子晴彦
 Email: srds_sv [at] fuji.cs.titech.ac.jp
-----------------------------------------------------------------------

たくさんの応募をお待ちしております!

原 隆浩

===================================================
| 原 隆浩 (Takahiro HARA), 工学博士               |
| 大阪大学大学院情報科学研究科              |
| マルチメディア工学専攻 准教授                   |
| 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-5                |
| E-mail: hara [at] ist.osaka-u.ac.jp                  |
| URL: http://www-nishio.ist.osaka-u.ac.jp/~hara/ |
| Tel: 06-6879-4511, Fax: 06-6879-4514            |
===================================================