学会員メーリングリストアーカイブ (2014年)

[dbjapan] ご質問


担当者様へ

仁尾慎吾と申します。
参加登録いたしましたが、聴講する時間がない場合はプロシーディングスだけを
購入可能でしょうか。
プロシーディングスを購入する際には参加費は必要でしょうか。

お返事お待ちしております。


仁尾慎吾

-----Original Message----- From: Yoshinori Hijikata
Sent: Tuesday, November 18, 2014 3:05 PM
To: dbjapan [at] dbsj.org
Subject: [dbjapan] [CFA] 第2回WI2研究会ステージ発表

日本データベース学会の皆様,

大阪大学の土方です.
2014年11月21日(金)にリクルート本社(東京)にて行われます第2回WI2研究会ス
テージ発表の最終案内です.すでに事前登録は締め切っ ておりますが,当日参
加も可能となっております.WI2研究会運営委員会により選抜された,実用化の
期待される研究発表7件と,徹底討論「大学教 員から見た『企業と大学の蜜月
な関係』とは?」などが行われます.興味がございましたら,ぜひご参加ください.

なお,ご来館の際には,入館について注意事項がございます.以下のCFAにおけ
る「入館について」をご参照ください.皆様にお会いできますことを 楽しみに
しております.

=====================================================================
Webインテリジェンスとインタラクション研究会
第2回ステージ発表 参加者募集のご案内
委員長 土方 嘉徳
=====================================================================

--
◇参加者募集
--
ARG WI2研究会では,Web研究の分野におけるアカデミアと産業界との相互交流を
目指し,ステージ発表というイベントを開催します.これは,過去のWI2研 究会
で発表された研究発表のうち,特に産業応用が期待されるもの,ビジネス化が期
待されるもの,Webサービスとしての成長が期待されるものを集 め,多くの企業
関係者に向けたプレゼンテーションを行うものです.さらにその後,個別の産学
連携相談会を設け,ビジネス化や共同研究,技術コンサ ルティングなどの,具
体的な話を進める機会を設けるものです.

ステージ発表で発表される研究は,いずれもWI2研究会運営委員会により厳選さ
れたハイレベルな内容ばかりです.また,ステージ発表の発表者は, いわゆる
専門家向けの発表ではなく,一般参加者にも理解いただけるように,研究の貢献
(contribution)を分かりやすく話してくださり ます.特に,その研究が当該
研究分野においてなぜ新しいのか?,その研究が達成した内容は何なのか?,そ
の研究が産業界でどのように役立つのか? について,分かりやすく説明してく
ださります.これらは,多くの企業関係者にも,最先端のテクノロジーを理解し
ていただく良い機会になると思いま す.

また,第2回ステージ発表では,特別企画として,徹底討論「大学教員から見た
『企業と大学の蜜月な関係』とは?」を開催します.大学側から見た望 ましい
産学連携の在り方や学生との交流について,また企業が望む大学の役割につい
て,本音で語り合う機会を設けます.様々なバックグラウンドを持 つ大学教員
と,企業関係者をパネルとして招いておりますので,興味深い議論になると思い
ます.

Web技術に興味のある方であれば,企業関係者だけでなく,非営利団体,学術団
体(k-12から大学・専門学校まで含みます)の関係者,及び学生 の皆様も参加
していただけます.たくさんのご参加,お待ちしております.

--
◇ステージ発表選考過程と選考結果
--
ARG WI2研究会では,これまでに行われた研究会で発表された研究発表を,全て
の運営委員により審査し,投票によりステージ発表での研究発表を選出しており
ま す.第2回ステージ発表では,下記2回分のWI2研究会の研究発表が審査の対象
となりました.

第3回研究会 (2013年12月13日,さくらWORKS<関内>)(全19件)
第4回研究会 (2014年5月24日,隠岐開発総合センター )(全19件)

その結果,下記の研究発表が,ステージ発表として採択されました.
(第3回研究会選出結果)(19件中4件採択,採択率21.1%)
・ Wikipediaの表記特徴を利用した別称コーパス生成ツールの開発
山西良典,福本淳一(立命館大学)
・ マイクロブログにおける投稿活動遷移に着目したユーザのクラスタリング
山口 裕太郎,山本 修平,佐藤 哲司(筑波大学)
・ ベイジアンネットワークによるセグメント説明モデルと映画推薦への応用
吉田真,本村陽一(東京工業大学)
・ 楽曲動画印象データセット作成とその分析
山本岳洋(京都大学),中村聡史(明治大学)

(第4回研究会選出結果)(19件中3件採択,採択率15.8%)
・ HistoryPaper:ユーザー個人のブラウザ履歴を用いた毎日の可視化
松枝知香・伊藤貴之(お茶の水女子大学)
・ 「人工知能」の表紙に関するツイートの分析・続報
鳥海不二夫・榊剛史(東京大学),岡崎直観(東北大学)
・ ソーシャル・ネットワーク分析からのTVドラマ評価へのヒット現象の数理
モデルの応用
北尾明子・石井晃(鳥取大),薄井司(エムデータ),内山幸樹(ホットリンク)

--
◇ステージ発表プログラム
--
開催日:2014年11月21日(金) 13:00- (12:30~受付)
場所:リクルート本社 「グラントウキョウサウスタワー」 41F
(〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2)
http://www.recruit.jp/company/office.html

13:00-13:20    開会の挨拶(委員長 土方 嘉徳)
13:20-14:20  第3回研究会分ステージ発表
1.Wikipediaの表記特徴を利用した別称コーパス生成ツールの開発
山西良典,福本淳一(立命館大学)
2.マイクロブログにおける投稿活動遷移に着目したユーザのクラスタリング
山口 裕太郎,山本 修平,佐藤 哲司(筑波大学)
3.ベイジアンネットワークによるセグメント説明モデルと映画推薦への応用
吉田真,本村陽一(東京工業大学)
4.楽曲動画印象データセット作成とその分析
山本岳洋(京都大学),中村聡史(明治大学)
14:20-15:05 第4回WI2研究会 ステージ発表対象
5.HistoryPaper:ユーザー個人のブラウザ履歴を用いた毎日の可視化
松枝知香・伊藤貴之(お茶の水女子大学)
6.「人工知能」の表紙に関するツイートの分析・続報
鳥海不二夫・榊剛史(東京大学),岡崎直観(東北大学)
7.ソーシャル・ネットワーク分析からのTVドラマ評価へのヒット現象の数理
モデルの応用
北尾明子・石井晃(鳥取大),薄井司(エムデータ),内山幸樹(ホットリンク)
15:05-15:20 休憩
15:20-16:40 特別企画
徹底討論「大学教員から見た『企業と大学の蜜月な関係』とは?」
司会:岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)
講師:
・伊藤貴之(お茶の水女子大学 情報科学科)
・清田陽司(株式会社ネクスト HOME'S事業本部 プロダクト開発部 リッテ
ルラボラトリーユニット)
・佐藤哲司(筑波大学 図書館情報メディア研究科)
・難波英嗣(広島市立大学大学院 情報科学研究科)
・吉田悠一(デンソーアイティラボラトリ)
16:40-17:00 休憩
17:00-18:00 産学連携個別相談会(ポスター発表)
Z1. WI2研究会特別ブース
高間 康史(WI2研究会 副委員長,首都大学東京)
A1.Wikipediaの表記特徴を利用した別称コーパス生成ツールの開発
山西良典,福本淳一(立命館大学)
A2.マイクロブログにおける投稿活動遷移に着目したユーザのクラスタリング
山口 裕太郎,山本 修平,佐藤 哲司(筑波大学)
A3.ベイジアンネットワークによるセグメント説明モデルと映画推薦への応用
吉田真,本村陽一(東京工業大学)
A4.楽曲動画印象データセット作成とその分析
山本岳洋(京都大学),中村聡史(明治大学)
B1.HistoryPaper:ユーザー個人のブラウザ履歴を用いた毎日の可視化
松枝知香・伊藤貴之(お茶の水女子大学)
B2.「人工知能」の表紙に関するツイートの分析・続報
鳥海不二夫・榊剛史(東京大学),岡崎直観(東北大学)
B3.ソーシャル・ネットワーク分析からのTVドラマ評価へのヒット現象の数理
モデルの応用
北尾明子・石井晃(鳥取大),薄井司(エムデータ),内山幸樹(ホットリンク)
18:00-18:15 クロージング・表彰式(委員長 土方 嘉徳)
18:15-18:30 撤収・移動
18:30- 懇親会

--
◇徹底討論「大学教員から見た『企業と大学の蜜月な関係』とは?」
--
司会:岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)
講師:
・伊藤貴之(お茶の水女子大学 情報科学科)
・清田陽司(株式会社ネクスト HOME'S事業本部 プロダクト開発部 リッテ
ルラボラトリーユニット)
・佐藤哲司(筑波大学 図書館情報メディア研究科)
・難波英嗣(広島市立大学大学院 情報科学研究科)
・吉田悠一(デンソーアイティラボラトリ)
企画概要:
一口に「産学連携」と言ってもそのスタイルは様々です。また、大学側と企業側
で相手に求めるものは微妙に異なります。そこで本セッションでは、産 学連携
に関わってきた大学教員と実務家が一堂に会し、企業と大学の最も望ましい関係
の築き方を論じます。特に、
・サマーインターンに意味はあるのか?
・それは共同研究なのか?
・教員が求める企業の貢献とは?
・資金提供がすべてなのか?
・大学教員は無料コンサルタントか?
・大学教育は企業のためにあるのか?
・リクルーター制度は不要なのか?
といった普段、表立っては口にしにくい、産学連携を巡る諸課題を徹底的に論じ
ます。
現在、あるいは将来において、ウェブ技術に関わる産学連携や人材獲得を行いた
い企業にとって必見必聴の催しとなるセッションにします。

--
◇産学連携個別相談会
--
産学連携個別相談会では,各発表者が個別の相談用のブースを設けます.各発表
者はそこで,ポスター発表及び発表で用いたデモシステムの実演を行い ます.
参加者の皆様は,発表中に疑問に思ったことを質問できたり,より技術的な詳細
や実装方法などについて質問したりすることができます.また, 発表でご覧い
ただいたデモシステムを実際に触っていただくことができます.また,共同研究
や技術コンサルティング,学生インターンシップなどの, 具体的な産学連携の
可能性についても話し合っていただくことが可能です.ぜひ,この機会をご利用
ください.

--
◇参加費
--
<参加費>
一般 2,000円(事前登録 1,000円)
学生 無料
<プロシーディングス代>
※ステージ発表用の資料は用意しません.各発表の詳細は,第3回WI2研究会と第4
回WI2研究会のプロシーディングスで確認していただければと 思います.研究会
のプロシーディングスは,それぞれ3000円になります.ご希望であれば,その場
でご購入ください.

--
◇入館について
--
- 1階受付で必ず入館カードを受け取ってください(受付がいない場合は、エン
トランスの立て看板に記載の携帯電話番号にご連絡ください。係のものが伺いま
す)。
- 入館カード受け取り後、2階のエレベータホールに移動。シャトルエレベータ
で23階まで移動した後、41階行きのエレベータDに乗り換えてください。
- 研究会の受付は41階の会場ホールにて行います。

- 昼食時など、退館される際は受付に入館カードをご返却ください。再入場の際
は1階受付で再度入館カードを受け取ってください。

--
◇懇親会
--
ステージ発表終了後,リクルート本社の39階にあるレストラン「Harema」にて,
懇親会を予定いたしております.絶景の夜景とリクルート自慢 の料理をお楽し
みいただきます.会費は 一般 5000円,学生 3000円 の予定です。会場の座席数
の関係上,定員になり次第締め切らせて頂きますので,お早めに申し込みください.
日時: 2014年11月21日(金)  18:30-20:30
(開始時刻には,若干の変更がある場合がございます)
場所: Harema
リクルート本社 「グラントウキョウサウスタワー」 39F
(〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2)
会費: 一般 5000円,学生 3000円
※学生:社会人学生は除く.

--
◇事前登録
--
事前登録を行うことで,参加費が半額となります.当日の円滑な運営のため,で
きる限り事前登録をお願いします.当日、席数には限りがございます. 定員に
達しましたら事前受付を終了いたしますので,お早目のご登録をお願い致します.
また,当研究会では懇親会も企画(詳細は上記項目参照)いたしております.懇
親会へのご出欠も併せてお知らせください.こちらも会場の都合によ り,定員
がございます.定員になり次第締め切りとさせていただきますので,ご了承くだ
さい.
当研究会は,研究会からの案内をお送りするメーリングリストを開設しておりま
す.登録ご希望の方は,併せてお申し込みください.
事前登録の期限は 11月14日(金)までとなっております.それまでに下記の事前
参加登録ページよりご登録下さい。
事前参加登録ページ:
https://docs.google.com/forms/d/18ztMq72VucoDFjIVsbS5rHyN0SoFwEW9Erp8dzIe4G0/viewform

--
◇問合先
--
土方 嘉徳(WI2研究会・運営委員長 大阪大学)
E-mail: hijikata<アットマーク>sys.es.osaka-u.ac.jp
主催 ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会
http://www.sigwi2.org/