学会員メーリングリストアーカイブ (2015年)

[dbjapan] [CFA] 第3回WI2研究会ステージ発 表


日本データベース学会の皆様,

大阪大学の土方です.事前登録の締め切りの一週間前になりましたので,再度
アナウンスさせていただきます.

来る2015年11月27日(金)に,リクルート本社 「グラントウキョウサウスタ
ワー」にて,第3回WI2研究会ステージ発表を行います.

ステージ発表では,過去2回分のWI2研究会の中から,産学連携が期待される研究
発表を厳選して,専門家以外の方でも分かりやすく発表するという企画です.

過去2回の研究会を参加しそびれた方も,短時間で質の高い発表を聞くことがで
きる,またとないチャンスです.口頭発表の後は,ポスター発表もありますの
で,各発表者と密な議論を行うこともできます.

また,今回は特別講演として,座談会「今なぜAIなのか−研究拠点設立者に聞く
社会への影響」も行います.辻井潤一様,松尾豊先生と椎橋徹,山川宏様,石山
洸様という豪華メンバーで,企業研究所の設立の経緯や意図,今後の発展につい
て語り合います.こちらもぜひご参加ください.

参加ご希望の方は,下記CFA内にあります事前参加登録ページのURLより,事前登
録をお願いします.

たくさんのご参加,お待ちしております.

=====================================================================
      Webインテリジェンスとインタラクション研究会
        第3回ステージ発表 参加者募集のご案内
                          運営委員長 土方 嘉徳
=====================================================================

−−
◇参加者募集
−−
ARG WI2研究会では,Web研究の分野におけるアカデミアと産業界との相互交流を
目指し,ステージ発表というイベントを開催します.これは,過去のWI2研究会
で発表された研究発表のうち,特に産業応用が期待されるもの,ビジネス化が期
待されるもの,Webサービスとしての成長が期待されるものを集め,多くの企業
関係者に向けたプレゼンテーションを行うものです.さらにその後,産学連携個
別相談会を設け,ビジネス化や共同研究,技術コンサルティングなどの,具体的
な話を進める機会を設けるものです.

ステージ発表で発表される研究は,いずれもWI2研究会運営委員会により厳選さ
れた質の高い内容ばかりです.また,ステージ発表の発表者は,専門家向けの発
表ではなく,一般参加者にも理解いただけるように,研究の貢献
(contribution)を分かりやすく話してくださります.特に,その研究が当該研
究分野においてなぜ新しいのか?,その研究が達成した内容は何なのか?,その
研究が産業界でどのように役立つのか?について,分かりやすく説明してくださ
ります.これらは,多くの企業関係者にも,最先端のテクノロジーを理解してい
ただく良い機会になると思います.

また,第3回ステージ発表では,特別企画として,座談会「今なぜAIなのか−研
究拠点設立者に聞く社会への影響」を開催します.多くのIT企業がなぜ人工知能
に関心を持ち,研究所を設立しているのかについて話し合います.最近,人工知
能の研究所を設立した企業関係者と,AIの第一人者の先生を招いておりますの
で,興味深い議論になると思います.

Web技術に興味のある方であれば,企業関係者だけでなく,非営利団体,学術団
体の関係者,及び学生の皆様も参加していただけます.たくさんのご参加,お待
ちしております.

−−
◇ステージ発表選考過程と選考結果
−−
ARG WI2研究会では,これまでに行われた研究会で発表された研究発表を,全て
の運営委員により審査し,投票によりステージ発表での研究発表を選出しており
ます.第3回ステージ発表では,下記2回分のWI2研究会の研究発表が審査の対象
となりました.

第5回研究会 (2014年11月22日,リクルート本社)(全25件)
第6回研究会 (2015年6月13日,大阪大学豊中キャンパス )(全16件)

その結果,下記の研究発表が,ステージ発表として採択されました.
(第5回研究会選出結果)(25件中5件採択,採択率20.0%)
・実時間と動画時間から面白い動画コメントを抽出する手法とその適用事例
    早川 卓弥,土方 嘉徳,西田 正吾(大阪大学)
・特定状況下における実世界行動ネットワーク構築
    片岡 泰之,中辻 真,戸田 浩之,小池 義昌(日本電信電話株式会社),松尾
    豊(東京大学)
・オノマトペの多義性解消における名詞の有効性
    福島 弘識(北海道大学), 内田 ゆず(北海学園大学), 荒木 健治(北海道大
    学)
・検索の前後における利用者のコンセプトマップの分析: 検索の有無による比
    較
    齋藤 ひとみ(愛知教育大学),江草 由佳(国立教育政策研究所),高久 雅生
    (筑波大学)
・誰でも楽しめるタンジブルUIを使った物件探索マップ
    大坪 五郎(ネクスト)

(第6回研究会選出結果)(16件中2件採択,採択率12.5%)
・ソーシャルメディア上に投影された情報の偏在性及び遍在性の可視化  
  遠山由自(静岡大学),廣田雅春(大分工業高専),石川博(首都大学東
京),横山昌平(静岡大学)
・道路地図および航空写真の特徴量を用いたドライブ風景の推定
  奥 健太, 山西 良典, 松村 耕平, 川越 恭二(立命館大学)

−−
◇ステージ発表プログラム
−−
開催日:2015年11月27日(金) 13:00- (12:30〜受付)
場所:リクルート本社 「グラントウキョウサウスタワー」 41F
   (〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2)
   http://www.recruit.jp/company/office.html

13:00-13:10 開会の挨拶(委員長 土方 嘉徳)
13:10-13:50 第5回研究会分ステージ発表
座長:櫻井 茂明(東芝)
1.実時間と動画時間から面白い動画コメントを抽出する手法とその適用事例
  早川 卓弥,土方 嘉徳,西田 正吾(大阪大学)
2.特定状況下における実世界行動ネットワーク構築
  片岡 泰之,中辻 真,戸田 浩之,小池 義昌(日本電信電話株式会社),松尾
  豊(東京大学)
3.オノマトペの多義性解消における名詞の有効性
  福島 弘識(北海道大学), 内田 ゆず(北海学園大学), 荒木 健治(北海道大
  学)

13:50-14:00 休憩

14:00-15:40 特別セッション:座談会「今なぜAIなのか−研究拠点設立者に聞く
社会への影響」
・辻井潤一(産業技術総合研究所人工知能研究センター 研究センター長)
・松尾豊・椎橋徹(東京大学大学院工学系研究科総合研究機構 准教授・学術支
援専門職員)
・山川宏(ドワンゴ人工知能研究所 所長)
・石山洸(Recruit Institute of Technology, Head of Institute)
 各研究所の紹介:20分(発表17分、質疑応答3分)×4人
 パネル討論:20分

16:00-16:55 第5,6回研究会分ステージ発表
座長:庄司 裕子(中央大学)
4.検索の前後における利用者のコンセプトマップの分析: 検索の有無による比
  較
  齋藤 ひとみ(愛知教育大学),江草 由佳(国立教育政策研究所),高久 雅生
  (筑波大学)
5.誰でも楽しめるタンジブルUIを使った物件探索マップ
  大坪 五郎(ネクスト)
6.ソーシャルメディア上に投影された情報の偏在性及び遍在性の可視化  
  遠山由自(静岡大学),廣田雅春(大分工業高専),石川博(首都大学東
京),
  横山昌平(静岡大学)
8.道路地図および航空写真の特徴量を用いたドライブ風景の推定
  奥 健太, 山西 良典, 松村 耕平, 川越 恭二(立命館大学)

17:00-17:50 ステージ発表:産学連携個別相談会
A1.実時間と動画時間から面白い動画コメントを抽出する手法とその適用事例
   早川 卓弥,土方 嘉徳,西田 正吾(大阪大学)
A2.特定状況下における実世界行動ネットワーク構築
   片岡 泰之,中辻 真,戸田 浩之,小池 義昌(日本電信電話株式会社),松尾
   豊(東京大学)
A3.オノマトペの多義性解消における名詞の有効性
   福島 弘識(北海道大学), 内田 ゆず(北海学園大学), 荒木 健治(北
海道大
   学)
A4.検索の前後における利用者のコンセプトマップの分析: 検索の有無による比
   較
   齋藤 ひとみ(愛知教育大学),江草 由佳(国立教育政策研究所),高久
雅生
   (筑波大学)
A5.誰でも楽しめるタンジブルUIを使った物件探索マップ
   大坪 五郎(ネクスト)
B1.ソーシャルメディア上に投影された情報の偏在性及び遍在性の可視化  
   遠山由自(静岡大学),廣田雅春(大分工業高専),石川博(首都大学東
京),
   横山昌平(静岡大学)
B2.道路地図および航空写真の特徴量を用いたドライブ風景の推定
   奥 健太, 山西 良典, 松村 耕平, 川越 恭二(立命館大学)

17:50-18:00 表彰式
18:30頃- 懇親会

−−
◇特別セッション:座談会「今なぜAIなのか−研究拠点設立者に聞く社会への影響」
−−
司会:岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)
講師:
・辻井潤一(産業技術総合研究所人工知能研究センター 研究センター長)
・松尾豊・椎橋徹(東京大学大学院工学系研究科総合研究機構 准教授・学術支
援専門職員)
・山川宏(ドワンゴ人工知能研究所 所長)
・石山洸(Recruit Institute of Technology, Head of Institute)
企画概要:
人工知能への研究投資が世界中で活発になっており、日本でも相次いで研究所が
設立されました。これらは組織として人工知能をどう取り組むのか、という宣言
となっています。
人工知能は最も熱いテーマであり、ディープラーニングやそれによる行動予測は
産業上の大きな武器になる、ということは一般にも知られつつあります。理論や
技術に焦点があてられがちですが、人工知能の研究開発によって社会にどのよう
な変化がもたらされるのかを改めて考える必要があるのではないか、と考えました。
そこで、本セッションでは人工知能の研究所を設立した機関をお招きし、人工知
能の発展と今後について産業界とアカデミアはどのように考えるのかを語ってい
ただくセッションとします。
同じ企業設立の研究所でも、試行する方向性がそれぞれ異なります。ドワンゴ社
は国内の研究者との関わりが強く、一方リクルートホールディングス社は海外か
らアドバイザーを招聘しているという点で異なります。また、産業総合研究所は
研究だけでなく国内の人材交流拠点を志向しています。
また、講演者の辻井氏からは人工知能研究を概観するとともに、MSRAでのご経験
など海外の動向を踏まえながら国内での産学連携による研究・人材育成という観
点で伺えたらと思います。松尾氏は国内の人工知能研究の牽引役という立場から
現状を分析し、今後どのような環境・体制が研究者にとって理想なのか示唆をい
ただきたく考えています。また、山川氏からは国内企業で研究開発に携わり、ご
自身も研究会を立ち上げて国内の人工知能研究のハブとして活躍なさる現況か
ら、リクルートホールディングス社は企業における人工知能研究の先進的な役割
について、お考えを伺えたらと思います。
このように機関の設立意図や立場を踏まえ、講演者それぞれのご経験に基づく視
座からお話いただきたく考えています。その中で、

・人工知能の発展によってどのような社会がもたらされると考えるのか
・産業界での人工知能の重要性
・国際的な産業競争に勝ち残るための課題
・そのための産官学連携、人材育成の方策

といった内容をテーマにしたいと考えます。
現在人工知能関連分野に注力している研究者や企業だけではなく、今後参入を考
える企業にとっても必聴のセッションといたします。

−−
◇産学連携個別相談会
−−
産学連携個別相談会では,各発表者が個別の相談用のブースを設けます.各発表
者はそこで,ポスター発表及び発表で用いたデモシステムの実演を行います.参
加者の皆様は,発表中に疑問に思ったことを質問できたり,より技術的な詳細や
実装方法などについて質問したりすることができます.また,発表でご覧いただ
いたデモシステムを実際に触っていただくことができます.また,共同研究や技
術コンサルティング,学生インターンシップなどの,具体的な産学連携の可能性
についても話し合っていただくことが可能です.ぜひ,この機会をご利用ください.

−−
◇参加費
−−
<参加費>
一般 2,000円(事前登録 1,000円)
学生 無料
<プロシーディングス代>
※ステージ発表用の資料は用意しません.各発表の詳細は,第5回WI2研究会と第6
回WI2研究会のプロシーディングスで確認していただければと思います.研究会
のプロシーディングスは,それぞれ3000円になります.ご希望であれば,その場
でご購入ください.

−−
◇懇親会
−−
ステージ発表終了後,「泰興楼」にて,懇親会を予定いたしております.本場の
中華料理をお楽しみいただきます.会費は 一般 4000円,学生 2500円 の予定で
す(ドリンク2杯付き.2杯以上はドリンクチケット制)。会場の座席数の関係
上,定員になり次第締め切らせて頂きますので,お早めに申し込みください.
日時: 2015年11月27日(金)  18:30-20:30
   (開始時刻には,若干の変更がある場合がございます)
場所: 「泰興楼」
http://www.hotpepper.jp/strJ000012172/
   (東京都中央区八重洲1-9-7)
会費: 一般 4000円,学生 2500円
※学生:社会人学生は除く.

−−
◇事前登録
−−
事前登録を行うことで,参加費が半額となります.当日の円滑な運営のため,で
きる限り事前登録をお願いします.当日、席数には限りがございます.定員に達
しましたら事前受付を終了いたしますので,お早目のご登録をお願い致します.
また,当研究会では懇親会も企画(詳細は上記項目参照)いたしております.懇
親会へのご出欠も併せてお知らせください.こちらも会場の都合により,定員が
ございます.定員になり次第締め切りとさせていただきますので,ご了承ください.
当研究会は,研究会からの案内をお送りするメーリングリストを開設しておりま
す.登録ご希望の方は,併せてお申し込みください.
事前登録の期限は 11月17日(火)までとなっております.それまでに下記の事前
参加登録ページよりご登録下さい。
事前参加登録ページ:
http://goo.gl/forms/zPhhoJuUSm

−−
◇問合先
−−
鎌倉 幸子(WI2研究会 事務局担当)
E-mail: wi2<アットマーク>arg-corp.jp
主催 ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会
   http://www.sigwi2.org/