学会員メーリングリストアーカイブ (2017年)

[dbjapan] [発表申込締切 4/14] SoC2017 論文募集(第8回ソーシャルコンピューティングシンポジウム)


日本データベース学会のみなさま

奈良先端科学技術大学院大学の若宮と申します.

第8回ソーシャルコンピューティングシンポジウム(SoC2017)の論文募集の
案内をお送りいたします.

今年は「ソーシャルコンピューティングとヒューマンファクター」という副題を
つけております.
ソーシャルコンピューティング,ソーシャルメディア,Wiki,ウェブサイエンス等
に関わる研究に加え,ヒューマンファクターに関わる研究も募集いたします.
ぜひ投稿をご検討くださいますようよろしくお願い申し上げます.

発表申込は4/14(金),論文原稿の締切は6/1(木)を予定しております.

______________________________________________________________________

             論  文  募  集

     第8回ソーシャルコンピューティングシンポジウム
     The 8th Social Computing Symposium (SoC 2017)
   〜 ソーシャルコンピューティングとヒューマンファクター 〜
                   http://db-event.jpn.org/soc2017/

______________________________________________________________________

日時:
    2017年6月23日(金),24日(土)
場所:
    リクルートテクノロジーズ
    グラントウキョウサウスタワー41F,アカデミーホール
    〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2
主催:
    日本データベース学会 (DBSJ) 
    電子情報通信学会 データ工学研究専門委員会
    SIGMOD-J
協賛:
    情報処理学会 データベースシステム研究会
    ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会

===============
  開催概要・趣旨
===============
ウェブ社会が成長していくなか,人や社会とのかかわりを重視した新しいコン
ピューティングパラダイムが模索されています.それが「ソーシャルコンピュ
ーティング (Social Computing) 」です.ソーシャルネットワーキング,ソー
シャルメディア,ソーシャルサーチ,集合知,コラボなど,ソーシャルを標榜
する新しいコンピューティングパラダイムは学界のみならず産業界からも熱い
視線が注がれています.2010年6月に第1回ソーシャルコンピューティングシン
ポジウム (SoC2010) を開催して以来,毎年多くの方にご参加頂いております.
例年,電子情報通信学会データ工学研究専門委員会との共催をしておりますが,
今回よりACM SIGMOD日本支部の支部大会とも共催を行うため,開催期間が2日
となります.
 また,今回から各回の狙いを明確にするために副題を設定しております.
今回は「ソーシャルコンピューティングとヒューマンファクター」という副題
を設定しました.「ITロードマップ」[野村総合研究所(NRI), 2008] によれば,
ソーシャルコンピューティングとは「人間同士が社会的なつながりのなかで,さ
まざまなコンテンツや活動を共有できるように支援するコンピュータシステム
の利用形態を指す概念」であると定義されています.一方,ヒューマンファク
ターは非常に幅広い意味を持つ用語ですが,今回は「人間との接点」や「人的
要素」という意味で用いており,どちらも,「人」に着目している点では共通
しています.ソーシャルコンピューティングでは,人との「つながり」や「か
かわり合い」について焦点を当てています.その一方,ヒューマンファクター
は非常に幅広い意味を持つ用語ですが,今回は「人間との接点」や「人的要素」
に焦点を当てることで人そのものという"点"と,つながりやかかわり合いとい
う"線"を意識した議論を展開することを目的に,このような副題にしました.
 SoC2017では魅力的な招待講演セッションやICDE報告会とともに,皆様から
広く発表を募り,最新の研究・開発の動向をシェアして有意義な会にしたいと考
えます.前回に続き,ロング発表に加えショート発表も予定しておりますので,
萌芽的研究も是非ご発表下さい.


===============
   招待講演(予定)
===============
  清田 陽司 氏(株式会社 ネクスト)
  関   喜史 氏(株式会社 Gunosy)
  松村 真宏 氏(大阪大学)
  三澤 賢祐 氏(株式会社不満買取センター)
  ほか

===============
   投稿案内
===============
下記トピックに関連した発表を公募いたします.

    ソーシャルコンピューティングの理論と実際
        Social Search,Social Bookmarking,Social Tagging,
        Social Recommender,Social Information Filtering,
        Social Information Credibility,Social Data Mining,
        Social Web Mining,Social Media Mining,
        Social Machine Learning,
        Social Artificial Intelligenceなど
    SocialMediaの分析や新規Social Mediaの創出など
    集合知の活用法ー社会とのかかわりを重視した新しいコラボレーション
    とコミュニケーション
        WikiとSocial Software
        オープンコラボレーション
        オープンコミュニケーション
        Wikipedia Mining,Social Knowledge Managementなど
    ウェブサイエンス
    ウェブ社会論
    ヒューマンファクター
    その他,ソーシャルコンピューティングに関連する研究

===============
   発表申込
===============
発表申込締切日*1
    2017年4月14日(金)
原稿投稿締切日
    2017年6月 1日(木)
発表形態*2
    次のいずれかから選んで頂けます.
    (A) ショート発表(2~4ページ原稿)
    (B) ロング発表(4~6ページ原稿)
発表日時について*3
    2017年6月23日(金),または,24日(土)の午前

申込手順
 (1) 下記のWebサイトより,著者名・連絡先・発表題目等を
  ご登録ください.*4
 (2) 学会事務局より原稿依頼が参りますので,電子情報通信学会技術研究報告
  のフォーマットに従って原稿を作成し,指定された締切日までに
  アップロードしてください.
  原稿は,発表形態に応じたページ数で作成してください.
  フォーマットは,下記にございます.
 (3) その後,シンポジウム当日に向け学会事務局や幹事からの
  E-mailでのご案内をご参照ください.

 *1:申込多数の場合,締切を早めさせていただくこともあります.
 *2:件数に応じて発表時間が短縮される場合もございます.
 *3:発表日を希望される方は備考欄にご記入下さい.
 *4:発表形態は論文投稿時に選択・修正頂けます.


===============
   運営組織
===============
共同実行委員長
    大塚真吾(神奈川工科大),北山大輔(工学院大)
運営委員
    上田真由美(流通科学大),奥健太(立命館大)
    莊司慶行(首都大学東京),鈴木優(奈良先端大)
    佐々木史織(慶大)
ローカルアレンジ
    櫻井一貴(リクルートテクノロジーズ),梅本和俊(東大/NICT)
Web・広報
    若宮翔子(奈良先端大)
アドバイザ
    増永良文(お茶の水女子大学名誉教授)
担当理事・専門委員長・支部長
    DBSJ:灘本明代(甲南大),角谷和俊(関西学院大)
    DE研:小口正人(お茶の水女子大)
    SIGMOD-J:中野美由紀(産業技術大)
______________________________________________________________________


よろしくお願いいたします.

若宮

--
若宮 翔子
奈良先端科学技術大学院大学 研究推進機構
ソーシャル・コンピューティング研究室 博士研究員
Email: wakamiya [at] is.naist.jp TEL: 0743-72-6053

Shoko Wakamiya
Postdoctoral researcher, Social Computing Lab., 
Institute for Research Initiatives, 
Nara Institute of Science and Technology (NAIST), Japan
Email: wakamiya [at] is.naist.jp TEL: +81-743-72-6053