学会員メーリングリストアーカイブ (2019年)

[dbjapan] [発表募集] 第110回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)


日本データベース学会の皆様:

(重複して受け取られた方は御容赦下さい.)

北海道大学の大久保と申します.

人工知能学会 第110回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)の
発表募集を御案内させて頂きます.
9月24(火)・25日(水) に,さっぽろテレビ塔前の
カナモトホール(札幌市民ホール)にて開催を予定しております.
皆様奮っての御発表・御参加をお待ちしております.

なお,今回の研究会に引き続き,9 月 25 日(水)は同会場において,
情報処理学会 数理モデル化と問題解決研究会(MPS-125)も
開催される予定です.両研究会で扱われるトピックは
重なる部分も多いことから,御都合の付く皆様には,
是非とも両研究会に御参加頂き,研究会の枠を超えた
交流を深める機会にして頂ければと考えております.
(両研究会とも参加資格不問・参加費無料です.)

どうぞよろしくお願い致します.

北海道大学大学院情報科学研究院
大久保 好章
===============================================

人工知能学会 第110回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)

主査: 瀧川 一学  
幹事: 井 智弘,大久保 好章,杉山 麿人,戸田 貴久,西野 正彬  
担当幹事: 大久保 好章

■ 開催日
2019年9月24日(火), 25日(水)

■ 発表申込期限
2019年8月23日(金)

■ 発表申込先
大久保 好章 (北海道大学)
E-mail: fpai_kanji [at] sig-fpai.org

以下の内容をE-mailでお申込みください.  
-------------------
1. 発表題目:  
2. 著者(発表者の頭に○):  
3. 所属:  
4. 著者連絡先  
  住所: 〒  
  氏名:  
  Tel:  
  Fax:  
  E-mail:  
5. アブストラクト(50字程度):  
6. 連絡欄:  
-------------------
■ 原稿提出期限
2019年9月2日(月)

一般発表はA4用紙原則6枚以内です.  
スタイルファイル・サンプル等は下記からダウンロードしてください.  
[http://www.ai-gakkai.or.jp/sig/sig-style/](http://www.ai-gakkai.or.jp/sig/sig-style/)

■ 会場
カナモトホール(札幌市民ホール)・第 2 会議室
〒060-0001 札幌市中央区北1条西1丁目  
https://www.sapporo-shiminhall.org

■ テーマ:特集「知識に関する処理の最新動向」および一般

■ 開催趣旨
一時期の熱狂(?)はいく分落ち着いた感はあるものの,深層学習をはじめとす
る機械学習技術の急速な進化は今もなお続き,それらに基づく人工知能システ
ムが日々誕生しています.こうした技術は,時には人間をも凌ぐ様々な能力を
機械に与えながら,人間との関わりをより一層深めているところですが,同時
に,機械による判断やその根拠を問う『ブラックボックス問題』や『説明可能
性』に関する議論の必要性が指摘されています.これらは,古くから人工知能
研究で扱われてきた,言葉や概念の意味・理解を含む知識表現や推論・探索機
構と深く関係するものであり,こうした『知識に関する処理』の重要性が改め
て浮き彫りになったとも言えるでしょう.
そこで今回は,当研究会の主要テーマのひとつである『知識に関する処理』に
焦点を当て,その最新技術や動向,および,種々問題提起を含めて幅広く発表
を募集します.
もちろん,これらに限らず,人工知能の基本問題に関する理論・技術の研究発
表や話題提供も歓迎します.

■ 招待講演
[講演者] 工藤 康生 (室蘭工業大学)
□ タイトル:ラフ集合によるデータ分析と推論(仮題)
□ 概要:ラフ集合は概念の集合論的近似に関する数理的基礎の側面と,
     表形式データの分析手法に関する数理的基礎の側面を併せ持つ.
     本講演では,ラフ集合を用いたデータ分析と推論について,
     主に講演者らの取り組みに基づいて紹介する.

■ 参加費
当研究会の聴講は無料です.  
研究会資料は発表の有無に関わらず 1,500円(学生会員無料)です.

研究会は資料の売上で運営しているため,可能な限り,1 グループ
1 冊程度で構いませんので研究会資料を購入頂けるとありがたいです.
※ 人工知能学会員の方は研究会登録により年間購読割引があります.
https://www.ai-gakkai.or.jp/sig/announce/sig-registeration/

■ 照会先
大久保 好章 (北海道大学)
E-mail: fpai_kanji [at] sig-fpai.org

-------------------
人工知能学会の研究会資料(第一種)の扱いについて(2015年度より)

2015年4月以降に人工知能学会第一種研究会に投稿された研究会資料は,  
紙冊子に掲載されると同時に,学会事務局で資料ID(※1)を付与した上で  
学会文献提供サイト「AI書庫」(https://jsai.ixsq.nii.ac.jp/ej/)上のPDF  
ファイルとして閲覧可能となります.

発行日(※2)から一年間は,一本あたり(非会員 600円+消費税,学会員 300  
円+消費税,登録会員 0円)にて販売します.一年間の保留期間(エンバーゴ)  
後は無料購読できるようになりオンライン公開されます.

なおAI書庫上のデータには,標準的な識別子(番号)は付与されませんが,  
一般的な検索エンジンや国立情報学研究所が提供するCiNiiなどから容易に  
検索できるようになります.

(※1) 研究会資料ID付与規則の変更(2015年度より)

研究会資料ID(論文ID)の付与ルールを下記のように統一しました.  

* 資料ID: [研究会名略称]-[巻(3桁)]-[号(2桁)] 例:SIG-SWO-021-03  
* 巻: 研究会の通算の開催回数 例:21  
* 号: 特定の回での論文の発表順 例:3  
* 頁: 研究会毎に以下の何れかのポリシーで付与する.  
* A)各回でページナンバリングしている場合は,そのページ情報を使用  
* B)そうでない場合には,発表毎に「pp. 1-論文のページ分量」

(※2) 紙媒体の奥付に記載された発行日