学会員メーリングリストアーカイブ (2004年)

Writing Secure Codeセキュリティセミナ ー開催のお知らせ


日本データベース学会会員の皆様:

早稲田大学の山名と申します。

この度、マイクロソフトとの協力のもと、日本ではじめての開催となります
Writing Secure Codeの著者によるセキュリティセミナーを企画いたしました
ので、お知らせします。Webサーバを構築する上でのWriting Secure Code
の話や、バッファオーバフローの話等、最新の技術紹介もある予定です。
先着100名限定ですが、皆様の多数のご参加をお待ちしております。

#メーリングリストの対象者と内容が少しずれているかも知れませんが、
#セキュリティは社会的にも重要なポイントとなっておりますため、
#ご紹介させていただきました。

山名早人
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
Hayato YAMANA        Associate Prof.  Waseda Univ. 
3-4-1 Okubo, Shinjuku-ku, Tokyo 169-8555 JAPAN
E-mail: yamana [at] acm.org    TEL/FAX:03-5286-3503
URL: http://www.yama.info.waseda.ac.jp/ 

〜〜

■セキュリティ技術者特別セミナー - Writing Secure Code - 
3月29日、30日、31日に開催. <参加登録受付中> 


         => 無料・事前登録制(先着100名) <=
     セキュリティ技術者特別セミナー - Writing Secure Code - 

 早稲田大学は、文部科学省支援による「セキュリティ技術者養成センター
(代表:村岡  洋一 副総長)」を2001年度、理工学部内に設立し、e-Japan戦
略などの推進のために必要とされているコンピュータセキュリティ分野における
技術者および研究者の人材育成を行っています。マイクロソフトとの提携により、
2004年4月からは「セキュリティ技術者養成センター」において、体系的な
Windowsのコンピュータセキュリティ技術講座を実施します。
 このセキュリティ講座の開始にあわせ、学部学生および大学院生、さらには、
一般の研究者向けにセキュリティ技術者特別セミナー”Writing Secure Code”
を開催します。本セミナーは、早稲田大学セキュリティ技術者養成センター、
早稲田大学大学院理工学研究科 情報・ネットワーク専攻、早稲田大学 21
世紀COE「ICTプロダクティブアカデミア」とマイクロソフトとの共催によるもの
で、マイクロソフトが日本で初めて「Windowsソースコードの書き方」に関する
セミナーを提供するものです。セミナー講師は、「Writing Secure Code 」の
著者で、オックスフォード大学およびケンブリッジ大学でセキュリティーコース
の講義経験のあるマイクロソフト コーポレーションのセキュリティ技術者の
デービッド ルブラン氏(David LeBlanc)が務めます。また、本セミナー開催
初日には、早稲田大学副総長の村岡洋一の開催の挨拶と、マイクロソフト コー
ポレーション バイスプレジデント 兼 マイクロソフト株式会社 執行役 最高
技術責任者の古川 享による、Windowsセキュリティに関する基調講演が行われ
ます。
 皆様の多数のご参加をお待ちしております。

■セミナー名
    セキュリティ技術者特別セミナー - Writing Secure Code - 

■主催
    早稲田大学 セキュリティ技術者養成センター
    早稲田大学大学院理工学研究科 情報・ネットワーク専攻
    早稲田大学 21世紀COE「ICTプロダクティブアカデミア」
    マイクロソフト株式会社

■日時 3月29日、30日、31日(10時〜16時)
    (ただし初日は10時30分〜)

■参加費 無料(事前登録制、先着100名)

■対象者
    早稲田大学の学部生、大学院生
    本分野の研究者、一般

■場所 早稲田大学大久保キャンパス 51−3Fの第二会議室
    http://www.sci.waseda.ac.jp/campus-map/index.html

■プログラム(予定:変更の可能性有り)

 29日 10:30-10:40 開会の辞 
             村岡洋一
             (早稲田大学副総長、早稲田大学セキュリティ技術者
              養成センター センター長)
     10:40-12:00 Windowsセキュリティ
             古川 享
             (マイクロソフト コーポレーションバイスプレジデント
              マイクロソフト株式会社 執行役 最高技術責任者)
     13:00-16:00 Writing Secure Code (1) Dr.David LeBlanc(*)

 30日 10:00-12:00 Writing Secure Code (2) Dr.David LeBlanc(*)
     13:00-16:00 Writing Secure Code (3) Dr.David LeBlanc(*)

 31日 10:00-12:00 Writing Secure Code (4) Dr.David LeBlanc(*)
     13:00-16:00 Writing Secure Code (5) Dr.David LeBlanc(*)

(*)各セッションの詳細な内容については後日発表予定

■講師紹介

Dr.David LeBlanc(マイクロソフト セキュリティ アーキテクト)

マイクロソフトコーポレーションのセキュリティー技術者で、「Writing Secure
Code」の著者。英国オックスフォード大学やケンブリッジ大学でもセキュリティの
コース(*)を担当するなど本分野での第一人者。Writing Secure Codeに関するセミ
ナーは、これまで日本で開催されておらず、今回が初めて日本国内で実施されるセ
ミナーとなる。

Dr. David LeBlanc is currently a Security Architect in the Office group at
Microsoft. He is the co-author of "Writing Secure Code", currently in
its second edition, and co-author of an upcoming book on network
security "Comprehensive Network Security: Testing Your Defenses". He has
worked on secure software and network design throughout his professional
career. Prior to joining Microsoft, David led the development team for
ISS' Internet Scanner product.
 
(*)http://www.cl.cam.ac.uk/Research/Security/seminars/2003/2003-03-24.html

古川 享(マイクロソフト コーポレーション バイスプレジデント
     兼 マイクロソフト株式会社 執行役 最高技術責任者)
 
1954 年東京都出身。1978 年和光大学人間関係学科中退。1979 年株式会社アス
キー入社。出版、ソフトウェアの開発事業に携る。1982 年同社取締役就任。
1986 年株式会社アスキー退社と同時にマイクロソフト株式会社設立、初代代表
取締役社長に就任。1991 年同社代表取締役会長兼米国マイクロソフト社 極東開
発本部長に就任。1993 年同社代表取締役会長兼米国マイクロソフト社 極東地域
先端技術担当シニアディレクターに就任。マルチメディア関連など先端技術の開
発を手掛ける。2000 年 4 月米国マイクロソフト社 コンシューマ戦略担当バイ
スプレジデントに就任。2002年1月米国マイクロソフト社、先端技術戦略および政
策担当バイスプレジデントとして赴任。2004年2月マイクロソフト株式会社 最高
技術責任者を兼務。

■参加登録方法

 以下のメールを送信願います。
 --------------------------------------------------------
 To: desk [at] yama.info.waseda.ac.jp
 Subject: セキュリティセミナー希望
 --------------------------------------------------------
 本文:
 □参加予定日:3月29日 午前、午後
           3月30日 午前、午後
           3月31日 午前、午後
    (参加されない「午前」「午後」の部分を消去願います)
 □参加者名:○○○○
  所属  :○○○○(早稲田大学の学生の場合は研究室名も)
  電子メール:○○○○
 --------------------------------------------------------
  先着順で受付けます。登録確認のメールを送ります(登録メール受信後、
  1週間以内に確認メールをお送りします)。
  なお、100名を超えてご参加いただけない場合は、その旨返信をさせて
  いただきます。なお、当ホームページ http://www.cs.waseda.ac.jp/ にて
  受付状況(満員もしくは受付中)をお知らせいたします。

以上