学会員メーリングリストアーカイブ (2006年)

DBSJ & ACM SIGMODJ 講演会のご案内  8月2日


dbjapanの皆様、

DBSJ & ACM SIGMODJの講演会が8月2日に開催されます。
夏に相応しくホットな話題として、
先端的な「オンデマンド抽出」に関する手法、その成果について
ご報告いただきますので、奮ってご参加ください。

-----------------------------------------------------------------------
 ☆☆☆  関根 聡 氏 講演会のご案内   ☆☆☆

共催 日本データベース学会
   ACM SIGMOD日本支部

日時 8月2日(水) 午後5時半〜午後6時半
場所 東京大学生産技術研究所 E棟 会議室A(Ew-501)
      E棟 5階 エレベータをあがってすぐ
      http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/map/index.html

Title: オンデマンド情報抽出
Speaker: 関根聡(ニューヨーク大学)


参加費 無料

参加ご希望の方は、
 日本データベース学会のホームページにて
   ( http://www.dbsj.org/ )
   会員登録の後(会費無料、すでに登録されている方は結構です)、
      sigmodj_lecture [at] tkl.iis.u-tokyo.ac.jpに
   添付の参加申込書をお送り下さい。

皆様のご参加をお待ちしております。

                        日本データベース学会 副会長・企画委員長
                        (ACM SIGMOD日本支部 支部長) 北川博之

                       担当委員  中野 美由紀
          
                        連絡(問合せ)先 日本データベース学会、
                        ACM SIGMOD 日本支部
                                sigmodj_lecture [at] tkl.iis.u-tokyo.ac.jp
                http://www.dbsj.org/

-----------------------------------------------------------------
To: sigmodj_lecture [at] tkl.iis.u-tokyo.ac.jp

日本データベース学会・ACM SIGMOD日本支部共催 講演会 参加申し込み

8月2日(水)の講演会に参加
・名前   
・ご所属
------------------------------------------------------------------

Title: オンデマンド情報抽出
Speaker: 関根 聡(ニューヨーク大学)

Abstract
非構造化テキストから、特定の情報を抽出する情報抽出の技術は、1990年前後
から米国で行われていたMUCというプロジェクトを中心として、テキストの意味
を理解しようという技術として発展している。しかしながら、MUCで主に採用さ
れた手動で言語パターンや辞書を生成する方法やその後盛んに行われた機械学
習の手法では、タスク依存性という限界があり、情報抽出の技術を一般化させる
のが不可能な状態である。この問題を解決し、情報抽出にスケーラビリティを
導入しようとして、教師なし学習や幅広い知識をあらかじめ用意するという2本
柱で実現に取り組んでいるのが、オンデマンド情報抽出である。その概念、構成
等を説明した後、最初の実験結果が得られたのでそれを報告し、また、新たな
方向性として模索を始めたPreemptive(先制攻撃的)情報抽出について説明する。

また、講演者が日本で運営しているコンサルタント会社ランゲージクラフト研究
所(http://languagecraft.jp)の主な成果について説明する。

-----------------------------------------------------------------------
中野 美由紀		東京大学 生産技術研究所 喜連川研究室
Miyuki NAKANO		Institute of Industrial Science, Univ. of Tokyo
miyuki [at] tkl.iis.u-tokyo.ac.jp