学会員メーリングリストアーカイブ (2010年)

[dbjapan] 早稲田大学演劇博物館研 究助手(メディア情報学 ・データベース)の公募 について


日本データベース学会 会員のみなさま

突然のメールで失礼いたします。
早稲田大学演劇博物館の風間と申します。

この度、演劇博物館(グローバルCOE)では、下記の通りデータベース系
の研究助手を公募することとなりました。
マネージメント系からシステム系の方まで分野を限定せずに
募集しております。
ご興味をお持ちの方に、ぜひご応募いただきたく存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

早稲田大学演劇博物館グローバルCOE
http://www.waseda.jp/prj-gcoe-enpaku/index.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
募集分野 メディア情報学・データベース、情報図書館学・人文社会情報学

募集人数 1名 
 
募集期間 2010年9月8日(水)〜2010年10月5日(火)※期間内必着
 
業務内容 演劇博物館(グローバルCOE)における情報メディアマネージメント
研究およびシステム(データベース)研究(出勤:週4日)

資格 早稲田大学研究助手 

所属 早稲田大学演劇博物館 

任期 2010年11月1日〜2012年3月31日
(契約は年度単位とする。2012年4月以降の延長不可)

※給与・待遇は本学研究助手の受入に関する規則に準ずる。
(本学学生に対する学費免除は行わない)

応募資格
(1)博士後期課程と同等以上の学力を有し、情報学・データベースに関連する
  分野で学位を取得もしくは取得予定の若手研究者
(2)助手の勤務経験のない者

※大学院博士後期課程在学のまま勤務可能(所属大学が許可する場合)
※週2コマ以内の非常勤講師勤務を認めるが、承認を必要とする。
 
採用にあたって
毎年度末に発行予定のグローバルCOE紀要に論文を執筆すること 

応募書類(当拠点のウェブサイトをご確認ください)
(1) 履歴書・業績書 (早稲田大学所定の書式・写真貼付)
(2) 志望理由書 (1200字以内)
(3) 学位論文計画書(2400字以内)
   ※学位取得者は研究計画書(1200字以内)
(4) 指導教員またはそれに代わる研究指導者の推薦書 
(5) 業績3点 (コピー可) 

※応募書類(1)〜(3)はA4で統一し、日本語で執筆を原則とする。

選考 第一次:書類審査 第二次:面接審査(対象者のみ、2010年10月中旬予定)

その他
(1)面接に出席するための交通・宿泊は応募者が各自手配し、費用は自己負担とする。
(2)応募書類は原則として返却しない。業績の返却を希望する場合は、着払いで返却する。
  (応募時に返送先住所記入済の着払い伝票を同封のこと)
(3)適任者がいない場合は採用を見送ることがある。 
(4)採否の通知を除き、質問事項や諸連絡は履歴書に書かれたE-メール宛におこなう。  

提出先 〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
         早稲田大学 演劇博物館 グローバルCOE事務局
※封書表に「グローバルCOE研究助手 応募書類在中」と朱書し、簡易書留で郵送のこと。 

問い合わせ TEL:03-5286-8110 FAX:03-5286-8119
gcoe-enpaku-office [at] list.waseda.jp
(担当者不在の場合があるため、なるべくメールでお問い合せ下さい)
 

以上

よろしくお願い申し上げます。


-- 
早稲田大学 演劇博物館
風間  弘充 <h.kazama [at] kurenai.waseda.jp>
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
TEL:03-5286-8110
FAX:03-5286-8119 
内線:71-5948