学会員メーリングリストアーカイブ (2012年)

2011年度DBSJ論文賞候補論文 推薦のお願い


日本データベース学会「正会員」の皆様
 ※正会員:このメールを受信していて学生でない方々は皆さん正会員です.

☆ 2011年度日本データベース学会論文賞候補論文推薦のお願い

新年度を迎え,学界と産業界ではまた新たな取組が始まりました.
会員の皆様におかれましては,いかがお過ごしでしょうか.

さて,本会は論文賞規程に基づき,毎年度,当該年度に日本データベース学会論文誌
に掲載された論文の中から特に優秀な論文を選考し,「日本データベース学会論文
賞」を授与しています.2011年度に刊行されました本会論文誌「日本データベース学
会論文誌(DBSJ Journal) Vol. 10, No.1〜No.3」には総計19編(一般論文18編,産業
論文1編)の論文が収録されました.それらは,本会ホームページ(
http://www.dbsj.org )をアクセスしていただければ,すべてフリーで閲覧すること
ができます.

つきましては,論文賞規程により,本会正会員の皆様に,2011年度の本会論文賞候補
論文1編を下記の要領にて推薦してくださいますようお願いいたします(申すまでも
ありませんが,推薦者と関係のある者の論文の推薦はご遠慮ください).

                 記

 1.日本データベース学会論文誌(DBSJ Journal) 第10巻(1〜3号)に掲載された19編
の論文のうちから特に優れていると考えられる論文1編.推薦の基準は,DBSJ
Journalはその「編集方針と投稿規程」に明記してありますように(本会ホームペー
ジに掲載されています),論文の「萌芽性」や「速報性」に特に重点を置いた評価を
行っていることに鑑み,そのような基準を重視していただければ幸いです.
 2.推薦は,下記の推薦フォーマットにより日本データベース学会事務局(
dbsj-office [at] dbsj.org )宛に件名を「DBSJ論文賞候補論文推薦」として電子メール
でご送付ください.
 3.推薦の締切は,2012年5月14日(月)午後5時必着とします.

 --------- 推薦フォーマット --------->8
 論文名:
 著者名(第一著者名):
 掲載巻号頁:Vol.10, No. , pp. xxx-yyy
 推薦理由(200字程度):
 推薦者
    推薦者氏名:
    推薦者所属先:
    推薦者連絡先(E-mail):

 --------- 推薦フォーマット --------- >8


 +++++日本データベース学会論文賞規程抜粋+++++
 1. 目的
 論文賞は,日本データベース学会(以下本会と略す)が刊行する「日本データベー
ス学会論文誌」(以下DBSJ Journal)の各巻に掲載された論文の中から,特に優秀な
論文を賞するためのものである.
 2. 選考手続
 a) 論文賞選考委員会
 論文賞選考委員会(以下選考委員会と略す)はDBSJ Journal編集委員会(以下編集
委員会と略す)が兼ねる.
 b) 候補論文の推薦
 論文賞候補論文の推薦は,編集委員会からの推薦論文,本会正会員(以下会員と略
す)からの推薦論文,の2種類とする.ただし,会員が推薦できる論文は1編とする.
 c) 受賞論文の決定と承認
 ・選考委員会は,推薦論文の中から受賞論文を決定する.受賞論文は1編を原則とす
るが,やむを得ぬ場合は複数とすることができる.
 ・この決定は本会理事会の承認を得るものとする.
 d) 論文賞の贈呈
 ・論文賞受賞者には,論文賞として,賞状および賞金を贈呈する.
 ・論文賞(の賞状)は論文が共著の場合には共著者全員に贈呈する.
 ・論文賞は総会で贈呈する.

※ 論文賞は,2012年6月23日(土)青山学院アスタジオ(
http://www.aoyamagakuin.jp/practice/redevelopment/project/astudio.html )にて
開催予定の本会総会にて執り行います.総会の案内は別途差し上げますが,皆様どう
ぞご予定ください.

よろしくお願いいたします.

2011年度日本データベース学会論文賞選考委員会委員長
-----
増永良文
青山学院大学 国際交流センター 副所長
青山学院大学 社会情報学部 教授
〒252-5259 神奈川県相模原市中央区淵野辺5−10−1 B613
Tel & Fax (042)759-6101(研究室)
携帯 070-5580-3213