学会員メーリングリストアーカイブ (2012年)

CFP:IPSJ SIG-DBS/SIG-IFAT 合同研究発 表会(8月名古屋大学)*** 発表申 込締切:6月6日(水) ***


日本データベース学会の皆様:
# Please accept our apologies if you receive multiple copies of this CFP.
# English follows Japanese.

楽天の平手です.

8月1,2日(水,木)に,名古屋大学(東山キャンパス)にて,
情報処理学会データベースシステム研究会(SIG-DBS)と
情報処理学会情報基礎とアクセス技術研究会(SIG-IFAT)の
合同研究発表会を開催致します. 

発表申込締切(6月6日)まで一週間を切りましたので,再度案内差し上げます.
皆様からの積極的な発表申込みをおましております.

なお,本合同研究発表会はiDB Workshop 2012 <http://db-event.jpn.org/idb2012/>
および電子情報通信学会データ工学研究会(DE研)との同時開催です.

また,本合同研究発表会では学生および若手研究者の育成,国際性向上を目指し,
発表および質疑応答を英語で行う「英語セッション」を設置する予定です.
英語での発表も積極的にご検討ください.

======================================================================
 情報処理学会 第154回 データベースシステム研究会 (SIG-DBS)
 情報処理学会 第107回 情報基礎とアクセス技術研究会 (SIG-IFAT)
 合同研究発表会 開催のご案内と発表募集
======================================================================

【日  程】2012年8月1日(水), 2日(木)
【場  所】名古屋大学 (東山キャンパス)
            〒464-8601 名古屋市千種区不老町
	    http://www.nagoya-u.ac.jp/global-info/access-map/higashiyama/
【申込締切】2012年6月6日(水)
【原稿締切】2012年7月2日(月)
【 テーマ 】大規模データを対象とした管理・情報検索・知識獲得および一般

近年,情報技術の発展により,Webデータをはじめとする多様な大規模データ
が利用可能となっています.これに伴い,それらデータの管理やそれらデータ
を対象とした情報検索,知識獲得に関わる研究を理論と応用の両面から推進す
ることが急務となっています.

そこで,データベースシステム研究会 <http://www.ipsj-dbs.org/> と
情報基礎とアクセス技術研究会 <http://ipsj-ifat.org/> は,研究発表会を
合同で開催し,大規模データを対象とした管理・情報検索・知識獲得の理論・
応用に関する研究論文を広く募集致します.また,これらのテーマに限らず,
両研究会が取り扱う研究領域に関する研究論文を歓迎します.

また,本合同研究会では学生および若手研究者の育成,国際性向上を目指し,
発表および質疑応答を英語で行う「英語セッション」を設置する予定です.
本セッションは,iDBのメンターの先生方にも参加頂けるスケジュールとする
予定ですので,積極的な英語発表の申し込みをお待ちしております.
(投稿する原稿は英語でも日本語でもどちらでも結構です).

なお,発表1件あたりの時間配分を30分程度とし,じっくりと議論する時間を
確保する予定です.このため,発表件数を先着順で20件程度とさせていただき
ます.

なお,本研究会は iDB Workshop 2012 <http://db-event.jpn.org/idb2012/>
および,電子情報通信学会データ工学研究会と同時に開催されます.皆様の
積極的なご投稿をお待ちしております.

【発表申込方法】
(1)発表題目:
(2)著者(発表者に○):
(3)所属:
(4)著者連絡先
 住所:〒
 氏名:
(5)電話番号,FAX番号,電子メールアドレス
 電話番号:
 FAX     :
 Email   :
(6)アブストラクト(50字程度):
(7)発表言語:英語 or 日本語
(8)発表希望研究会(必ずどちらかを指定): DBS研究会 or IFAT研究会
(9)一般・学生の別(登壇者のみ)※:一般 or 学生
    ※社会人学生は一般としてください.

以上をご記入の上,件名を「DBS/IFAT発表申込み」として,下記の問合先まで
E-mail で直接お申し込み下さい.

【問合先】
平手 勇宇(楽天),戸田 浩之(NTT)
E-mail: dbsifat [at] googlegroups.com

【発表申込み及び電子化に関する補足】
★ 受け付けは先着順で行なっております.
締切間際になりますと,申し込み件数によりましては次回の研究会にまわって
頂くようお願いする場合がございます.申し込みを予定しておられます方は
なるべく早めにお申し込み下さい.
★ 締切り後の発表キャンセルは原則としてできません.
発表申し込み後にキャンセルの必要が生じた場合にはなるべく早くご連絡くだ
さい.発表申込後,学会が提示する原稿提出締め切りまでに原稿が到着しない
場合には,幹事団の判断により発表を取り消しさせていただくこともあります.
★ 論文提出締切後の原稿差し替えはできません.
★ 研究報告のペーパーレス化
研究会はペーパーレスでの開催となり,印刷した研究報告の配布を行いません.
また,特許出願の公知日(研究報告の公開日)が従来より1週間早まりますの
で,ご留意ください.
 o [研究会にご登録されている方]
  研究会発表の研究報告が研究会当日1週間前よりBookPark:
  http://www.bookpark.ne.jp/ipsj/
  で閲覧できます.事前に研究報告PDFをご自分のPCにダウンロードし研究会に
  ご持参ください.あるいは印刷してご持参ください.
  ※BookParkのご利用にはBookPark上でのユーザ登録(無料)が必要です.
  登録まで最大3日かかりますのでご留意ください.
 o [研究会にご登録のない方]
  当日研究会にUSBメモリの読めるPCをご持参ください.研究会会場にて,USB
  メモリからコピーすることで研究報告PDFを閲覧することができます.
------------------------------------------------------------


======================================================================
                      CALL FOR PRESENTATIONS

	The 154th IPSJ SIG-DBS / The 107th IPSJ SIG-IFAT
		     Joint Technical Meeting
======================================================================

IMPORTANT DATES
Presentation Application Deadline: June 6th, 2012 Paper Submission Deadline: July 2nd, 2012
Meeting: August 1st - 2nd, 2012

VENUE
Nagoya University (Higashiyama Campus)
Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya, 464-8601, Japan http://www.nagoya-u.ac.jp/en/global-info/access-map/higashiyama/

TOPICS AND SCOPE
- Large-scale Data Management
- Large-scale Information Retrieval
- Knowledge Acquisition from Large-scale Data

Recent advances in information technology have enabled us to access various kinds of large-scale data. This has brought a new importance to the research on management, information retrieval and knowledge acquisition.

IPSJ SIG-DBS and SIG-IFAT will hold a joint technical research meeting on theory and applications related to management, information retrieval and knowledge acquisition for large scale of data. Presentations on other topics within the scope of SIG-DBS / SIG-IFAT will also be considered.

This meeting will have a session where all communication will be held in English.
The objective of this English session is to cultivate students and young researchers as well as promoting an international environment. The schedule of the English session will be arranged to allow iDB mentors to participate.

Each presentation will have a duration of 30 minutes to allow a fruitful discussion.
Approximately 20 presentation applications will be accepted on a first-come-first-serve basis.

This meeting will be held in conjunction with the iDB Workshop 2012 <http://db-event.jpn.org/idb2012/> and IEICE SIG-DE technical meeting.

- IPSJ SIG-DBS homepage (Only available in Japanese)
      http://ipsj-ifat.org
- IPSJ SIG-IFAT homepage (Only available in Japanese)
      http://www.ipsj-dbs.org/

HOW TO APPLY A PRESENTATION
Please complete the following form and send it to <dbsifat [at] googlegroups.com> with the subject "DBS/IFAT presentation application".
--------------------------------------------------------------------------------
(1) Presentation Title:
(2) Authors (mark "*" for presenter):
(3) Affiliation:
(4) Author's contact information:
Address : 〒
Name:
(5) Telephone, Fax numbers and Email addresses
Telephone:
Fax      :
Email    :
(6) Abstract (up to 50 words):
(7) Presentation Language: English or Japanese
(8) Presentation as: SIG-DBS or SIG-IFAT
(9) Presenter is: Student or Non-student
* If you are a student that is also working for a company, please choose "non-student"
--------------------------------------------------------------------------------

CONTACT INFORMATION
Yu Hirate (Rakuten) and Hiroyuki Toda (NTT)
Email: dbsifat [at] googlegroups.com
------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------
 Yu Hirate, Dr. Eng.
  Rakuten Institute of Technology, Rakuten, Inc.