学会員メーリングリストアーカイブ (2009年)

[dbjapan] From DBSJ: 新年明けましておめでとうございます


日本データベース学会の皆様
 
新年明けましておめでとうございます.
年頭にあたり,一言ご挨拶申し上げます.
 
我が国のデータベースコミュニティの発展に寄与することができればとの趣旨で,2002年5月に設立された日本データベース学会(DBSJ)は,おかげさまで正会員1500名,学生会員300名,維持会員(企業の会員)19社という規模の学会に成長しております.
 
2008年度からは,DBSJ,情報処理学会DBS研究会,電子情報通信学会DE研究専門委員会が一致団結して,データベースやウェブテクノロジーに関するさまざまな行事を開催していることは皆様よくご承知のことと拝察申し上げます.おかげさまで昨年12月に開催いたしましたWebDBフォーラムには400名を越える参加者が学界・産業界から集いました.本年3月にヤマハリゾートつま恋で開催予定のDEIMフォーラム2009には300件に迫ろうかという多数の発表エントリーをいただいています.これまで「日本データベース学会Letters」と銘打っていました学会論文誌も2008年度からは「日本データベース学会論文誌」(DBSJ Journal)と名称変更して,更なる内容の充実を図っております.本会は2010年4月に茨城県つくば市で開催予定のDASFAA2010国際会議の主催団体の一つとして鋭意準備を行っています.
 
本会理事会,本会評議会,そしてさまざまな行事を企画立案・実行してくださる本会会員の皆様の努力により,2009年度はさらに充実した内容で我が国のデータベースコミュニティに資することができると考えます.しかしながら,一部の会員ばかりに行事開催の負担が偏らないように,会員の皆様に広くご尽力,ご協力をお願いいたします.
 
本年が皆様にとりまして,更なる飛躍の年となることを祈ります.
 
日本データベース学会会長
増永良文
(青山学院大学社会情報学部)