学会員メーリングリストアーカイブ (2014年)

[dbjapan] 情報通信審議会の答申を受け たワークショップ発表募集


イベント開催案内】情報通信審議会の答申を受けたワークショップ開催(7/28)のご案内

NICTの木俵です。

総務省から下記の周知を依頼されたので、dbjapanのMLでご連絡させて
頂きます。
(重複して受け取られた場合はご容赦願います)

7月28日に開催されます総務省主催の「情報通信審議会の答申を受けた
ワークショップ」開催ならびに、発表者、参加者の募集のお知らせを
お送りさせていただきます。特に「若手研究者のみなさまのご参加及び
ご発表をお待ちしている」とのことです。詳細は

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000089.html

にございますが、以下に主旨のみ抜粋させていただきます。

・情報通信審議会最終答申「イノベーション創出実現に向けた情報通信
 技術の在り方」を受けたワークショップの開催及び提案発表の募集

総務省では、情報通信審議会(会長:西田 厚聰 株式会社 東芝 相談役)
より「イノベーション創出実現に向けた情報通信技術政策の在り方」に
ついて、平成26年6月27日に最終答申を受けました。今般、この答申の
内容を踏まえ、イノベーションの創出を実現するための「国が今後取り
組むべき技術開発プロジェクト」に関する知識の共有、意見交換のための
ワークショップを開催します。
このワークショップでは、各テーマについて「国が今後取り組むべき技術
開発プロジェクト」に関する提案発表を募集します。

開催日時: 平成26年7月28日(月) 14:00~16:45(予定)
開催場所: 総務省 地下2階 講堂
(東京都千代田区霞が関2-1-2 合同庁舎第2号館)
定員 : 200 名
参加費用: 無料
発表者を募集するテーマ:
以下の7つのテーマ(下記のURL(※)からダウンロードできる資料、別紙3、
pdf参照)を中心として、「国が今後取り組むべき技術開発プロジェクト」
に関する提案の発表を募集します。
(1) いつでもどこでも快適ネットワーク技術
(2) G空間高度利活用基盤技術
(3) 以心伝心ICTサービス基盤
(4) フレンドリーICTサービス技術
(5) 社会インフラ維持管理サービス技術
(6) レジリエンス向上ICTサービス技術
(7) 車の自動走行支援技術
(注:各テーマの詳細は下記URL(※)からダウンロードできる資料(別紙3、
pdf)をご覧ください。音声・言語処理は主として(3)以心伝心ICTサービス
基盤に該当するようですが、応募内容はそれに限るものではありません。)

なお、今回のワークショップでの発表内容に対しては、総務省及び
発表者双方にとって自由闊達な議論を展開したいとのことで、発表内容
については、組織を代表しての内容である必要はなく、同じ組織から
異なる内容のご発表を複数いただくことも可能とのことです。

会場の規模の関係上、発表希望者、参加希望者多数の場合は、抽選により
参加者が決定されるとのことですので、予め御了承ください。

ご発表をいただく場合、報道資料のとおり、下記のURL(※)からダウンロード
できる資料(別紙1、PowerPoint)のフォーマットに提案の概要を記入の
うえ、事前にご提出いただくこととなりますので、ご留意願います。なお、

発表提案の〆切:平成26年7月17日(木)17時00分
傍聴参加申し込みの〆切:平成26年7月22日(火)17時00分

となっております。申し込み方法等の詳細は以下をご覧ください。

(※)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000089.html

ご検討のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。