イベント

2012.5.28

Dr. Mukesh Mohania講演会 (2012年5月29日, 訂正版)

以下の講演会が行われます。本学会も共催しています。参加には本学会への会員登録が必要です。(2012-05-24付のアナウンスでは曜日を間違えていたため、訂正版を改めて出しました)

タイトル
Cloud Computing and Data Quality Services
講演者
Dr. Mukesh Mohania (IBM India)
日時
2012年5月29日(火) 17時45分〜18時45分
場所
東京大学生産技術研究所E棟 5階会議室B (Ew-502) (アクセスマップ)
共催
日本データベース学会、ACM SIGMOD日本支部、電子情報通信学会データ工学研究専門委員会、最先端研究開発支援プログラム(FIRST):超巨大データベース時代に向けた最高速データベースエンジンの開発と当該エンジンを核とする戦略的社会サービスの実証・評価
参加費
無料。ただし事前に日本データベース学会への会員登録を行った後、名前と所属をメールにて送付する必要があります。
イベント詳細
http://www.sigmodj.org/Events/kouenkai20120529.html
問合せ先
ACM SIGMOD日本支部

日本データベース学会への入会はこちらから

(クリックするとメーラが起動します。右クリックするとメールアドレスがコピーできます)


Speaker : Dr. Mukesh Mohania (IBM India)

Title : Cloud Computing and Data Quality Services

Abstract: Cloud computing offers an exciting opportunity to bring on-demand applications to customers and is being used for delivering hosted services, such as Data Quality as a Service, Analytics as a Service, etc over the Internet. Today enterprises are designing applications which require massive amount of heterogeneous data cleansing, correlation and integration for deriving the insights for their businesses. In this talk, we will discuss the enterprise needs for data quality services which can be offered as transient services on cloud for data validation, enrichment and cleansing. We present a system that uses virtualized hardware and software for data quality services. We share actual experiences gained from building such a system. We will briefly discuss the architecture of cloud computing, MapReduce, and Hadoop.