お知らせ

2020.5.20

コロナ対応で困窮する学生会員を救済!

データベース学会の皆様

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響による家計急変、アルバイト収入の減少等により経済状態が悪化している学生諸氏が多くおられるかと存じます。更に遠隔授業のためのIT設備も増強しなくてはならないという経済支出も追い打ちになっている学生諸氏もおられるかと存じます。
日本データベース学会は大きな組織ではないため、支援のスケールは大きくはございませんが、経済的な支援を必要としている日本データベース学会の学生会員の方々に支援を行いたいと考えております。

 まずは、支援を必要としている学生会員の方々の数を把握致したいため、経済的な支援を必要としている日本データベース学会の学生会員の方は以下の情報を5月28日(木)までに日本データベース学会事務局(dbsj-office@dbsj.org)宛てにご連絡ください。
 お名前:
 大学名:
 学部:
 指導教員名:
尚、指導教員がおられない場合は、指導教員名は空白で結構です。

 その他コロナ期において困っておられることがある場合にも気軽に同様にご連絡ください。

 データベースのコミュニティはこれまでもDEIM等を通じて、関連する方々の親睦さを大切にして参りました。データベース学会は必ずしも十分な支援が出来るとは限りませんが、このコロナの時代を皆で出来る限り支え合いたいと考えております。

喜連川優